ブルペン7日間で5度も 巨人菅野に“投げまくり”の反動懸念

公開日: 更新日:

 菅野智之(29)が投げまくっている。

 8日のブルペンでは今キャンプ最多の68球。途中から、FA加入の炭谷が初めて捕手役を務めると、ギアが上がった。直球にスライダー、カットボールなどの変化球も交えた投球に、炭谷は「言うことない。イメージ通りスゴイ投手。全部の球に自信を持ってるし、全部が勝負球になる。トータルのレベルが高い」と賛辞が止まらなかった。

 投球後、炭谷と情報交換を行い、「コミュニケーションをとりながらやっていきたい。リードに応えるのが投手の仕事」と貫禄たっぷりに話した菅野。他球団スコアラーも「今の状態で順調にシーズンを迎えたら、もうお手上げ」と早くも白旗を掲げるほどの仕上がりだが、巨人関係者には不安がないわけではない。

 この日がキャンプ7日間で実に5度目のブルペン入り。今年はオフのハワイ自主トレから快調に飛ばし、1月中旬の時点で「明日、キャンプインでも大丈夫」と宣言するほどだった菅野は昨季、12球団で唯一、200イニングを超える202回を投げた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  2. 2

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  3. 3

    埼玉県あっという間に医療崩壊の危機…小池氏再選の大迷惑

  4. 4

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  5. 5

    PCR検査=反日の原因分析 「おはよう日本」はNHKの希望だ

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  8. 7

    コロナは強かった!女性16人全員がノーマスクで感染

  9. 8

    巨人快進撃で宙に浮く“ポスト原”阿部禅譲の既定路線が混沌

  10. 9

    手越祐也は安泰 ファンクラブだけで年間5億円の収益になる

  11. 10

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

もっと見る