初の打撃投手は合格点…日ハム輝星「紅白戦」唯一の心配事

公開日: 更新日:

「高校時代、カウントを取りに行くくらいの力の入れ具合の球も、捕手のミットまで勢いよく行った。勢いが上がったと思いました」

 11日、キャンプ初の打撃投手に登板。25球を投じた日本ハム1位の吉田輝星(金足農)が、手応えを口にした。

 ドラフト2位の野村佑希(花咲徳栄)相手に、ストレートを中心に、カーブとタテ、ヨコのスライダーを投じた。ボール先行でやや制球が乱れたものの、勢いのある速球でファウルチップさせる場面もあり、安打性の打球は1本に抑えた。

 この投球を首脳陣も評価した。荒木二軍監督が「強い真っすぐがあったのはいい。暴れた感じがあったが、特徴が出ていた。スライダーもいい感じで投げていた」と話せば、加藤投手コーチも「あれだけ腕が振れたら十分。ケガもなく順調に来ているし、基礎体力はファームでも上位。後は技術面で対応できるかどうか」と、まずは“合格点”を出した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  3. 3

    再雇用中の64歳 大病などがなかったのに退職金が漸減した

  4. 4

    青木理氏「無知」と「無恥」に蝕まれる憲政史上最愚の政権

  5. 5

    住宅ローン完済で悠々自適の第二の人生が始まるはずが…

  6. 6

    丸投げの安倍政権 新型コロナ基本方針は“国は何もしない”

  7. 7

    中居正広を支える華麗なる人脈 “ぼっち独立”も明るい未来

  8. 8

    新型ウイルス対策 「東京は封鎖できるか」内閣官房に聞く

  9. 9

    愛知県の老舗旅館が廃業 新型コロナ「倒産ラッシュ」の足音

  10. 10

    デンマークなぜキャッシュレス大国に 在日大使館に聞いた

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る