初の打撃投手は合格点…日ハム輝星「紅白戦」唯一の心配事

公開日: 更新日:

「高校時代、カウントを取りに行くくらいの力の入れ具合の球も、捕手のミットまで勢いよく行った。勢いが上がったと思いました」

 11日、キャンプ初の打撃投手に登板。25球を投じた日本ハム1位の吉田輝星(金足農)が、手応えを口にした。

 ドラフト2位の野村佑希(花咲徳栄)相手に、ストレートを中心に、カーブとタテ、ヨコのスライダーを投じた。ボール先行でやや制球が乱れたものの、勢いのある速球でファウルチップさせる場面もあり、安打性の打球は1本に抑えた。

 この投球を首脳陣も評価した。荒木二軍監督が「強い真っすぐがあったのはいい。暴れた感じがあったが、特徴が出ていた。スライダーもいい感じで投げていた」と話せば、加藤投手コーチも「あれだけ腕が振れたら十分。ケガもなく順調に来ているし、基礎体力はファームでも上位。後は技術面で対応できるかどうか」と、まずは“合格点”を出した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渋沢栄一の不思議 なぜ“名を冠した企業”が1社しかないのか

  2. 2

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  3. 3

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  4. 4

    黒島結菜が22年NHK朝ドラ主演 ラブコメに起用されない理由

  5. 5

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  6. 6

    大河「青天を衝け」の死角 渋沢栄一の“カネと女”どう描く

  7. 7

    「天国と地獄」高視聴率の裏に高橋一生“しなやかマッチョ”

  8. 8

    3.25聖火リレーに大逆風…スタートの福島は感染状況が深刻

  9. 9

    米国進出の渡辺直美は大成功する公算大 竹内結子の後輩に

  10. 10

    香川真司がギリシャで“戦力外”の深層 移籍7試合目で初先発

もっと見る