3年目は背水の陣で…ソフトB田中正義にドラ1の“賞味期限”

公開日: 更新日:

 ドラフトで5球団競合した大学ナンバーワン右腕――といっても、これだけで思い出せるファンがいるかどうか。

 ソフトバンクの2016年ドラ1、田中正義(24)のことである。11日にシート打撃に登板。打者6人を1安打に抑え、MAX149キロも計測した。1年目の17年は右肩故障もあって、一軍登板はゼロ。一軍デビューを果たした昨季は中継ぎで10試合に登板した(0勝1敗、防御率8・56)。

 ある球団OBは「1年目はそれこそ報道陣が目の色を変えていた」と、こう話す。

「田中が右肩故障でリハビリ組に合流したのは3月。それからというもの、担当記者らは『田中の二軍登板はいつか』と質問の嵐。二軍首脳陣はおろか、一軍のスタッフにも聞き回っていた。あるスタッフは『質問されるたびに、二軍に聞いてくれ、と答えているんですけどねえ……』とへきえきしていた。それが去年は報道陣の熱も冷めたのか、田中の動向はあまり騒がれなくなった」

 入団3年目の田中は「もう後がない」と背水の陣。ドラ1の賞味期限は短い……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  3. 3

    木下優樹菜に第2、第3の男の影「急転引退」狙いと全舞台裏

  4. 4

    手越祐也の新居家賃200万円問題 ジャニーズ退所で楽勝か

  5. 5

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  6. 6

    渡部と東出の不倫で好機 田辺誠一&大塚寧々夫婦株が急騰

  7. 7

    小池都知事“地元のお友達”豊島区優遇で新宿区長がブチ切れ

  8. 8

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  9. 9

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  10. 10

    平野&中島「未満警察」もはやコメディー 敗因は幼い脚本

もっと見る