小倉清一郎
著者のコラム一覧
小倉清一郎元横浜高校野球部部長

1944年(昭19)6月16日、神奈川県横浜市生まれの71歳。横浜―東農大を経て三菱自動車川崎―河合楽器で捕手として活躍。現役引退後、東海大一(現東海大翔洋)―横浜―横浜商―横浜で監督、部長を歴任。松坂、成瀬、涌井、筒香ら多くのプロ野球選手を育てた。98年の春夏連覇を含め、3度の甲子園優勝。渡辺前監督を支える名伯楽として主に技術面を指導した。対戦校の投手陣や打線の戦術分析に定評があり、名参謀と呼ばれた。14年夏限りで横浜のコーチを退任。現在は山梨学院や熊本・城北など、全国の各校で臨時コーチを務める。

松坂は右肩痛で成瀬はオリ合格…教え子5人今季のイチ押し

公開日: 更新日:

 プロ野球の春季キャンプ真っ盛り。横浜高の教え子の動向がこの時期の楽しみでもある。しかし、松坂(中日)がファンに腕を引っ張られ、右肩を痛めるハプニングがあった。検査の結果、炎症が見つかったという。

 松坂は当然、歩きながらハイタッチをする。ファンは1秒でも長く触っていたいから腕を引く。対処するには、タッチする際に手首を立てて5本の指を肩の高さより上げないこと。さらにいえば、ハイタッチや握手などは利き手とは逆の手で行うべきだ。昨季、せっかく中日でカムバックしたのに、もっと細心の注意を払わないといけなかった。

 ヤクルトを自由契約となっていた成瀬が4日、オリックスの入団テストに合格した。翌日「受かりました!」と電話があった。新しい球種には手を出さず、「今ある球種とコントロールで勝負します」と言う。直球は140キロに届かない。スライダー、チェンジアップなどをコースに投げ分ける制球力が戻ってくるかがカギを握る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  2. 2

    甥っ子がフジテレビ退社 囁かれる“安倍引退”のタイミング

  3. 3

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  4. 4

    「麒麟がくる」放送再開も苦戦 関係者が明かす“3つの要因”

  5. 5

    “奇跡の61歳”宮崎美子 カレンダー予約殺到で「鬼滅」超え

  6. 6

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  7. 7

    GoToトラベル人件費 事務局長「日当7万円」SNSトレンドに

  8. 8

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  9. 9

    「鬼滅の刃」実写化なら炭治郎は誰が? 浮上する6人の俳優

  10. 10

    「犬笛」を吹いてあとは知らんぷり…絶対に謝らない人たち

もっと見る