2安打2打点の日ハム清宮 “中田翔超え”が首脳陣のホンネ

公開日: 更新日:

「徐々に状態も上がってきているし、いい方向に行ってると思う。バットが出るようになってきたし、芯に当たるケースも増えてきた」

 日本ハムの2年目、清宮幸太郎(19)が17日、阪神との練習試合で2安打2打点、試合後に満足そうな表情を浮かべてこう言った。

 前日の紅白戦ではドラフト1位ルーキーの吉田輝星(金足農)らに無安打に抑えられたが、この日は藤浪から適時打を放つなど、ようやく当たりが出てきた。

 清宮のポジションは一塁か左翼かDH。左翼は連日打ちまくる新外国人の王柏融(25)で決まりそうだから、一塁かDHに回る可能性が高い。その一塁を守る中田(29)は現在、左内転筋肉離れで別メニュー調整を強いられている。

 1年目は7本塁打。ケガに泣き、フルに力を発揮できなかった。

 素質は一級品だけに、中田からポジションを奪うくらいの気概をもってやってもらいたいのが首脳陣の本音らしい。2年目の飛躍は、本人にその自覚があるかどうかにかかっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    かつて石原プロ解散を踏み止まらせた舘ひろしの男気発言

  2. 2

    ショーケンに渡哲也が激怒した“東映京都撮影所騒動”の顛末

  3. 3

    広島V逸なら緒方政権今季限り 次期監督候補に金本氏急浮上

  4. 4

    自民・萩生田氏「消費増税延期」発言に隠された姑息な狙い

  5. 5

    満身創痍も…渡哲也が貫く“男が惚れる晩節”と裕次郎イズム

  6. 6

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  7. 7

    巨人は垂涎…竜新助っ人ロメロで証明された森SDの“慧眼”

  8. 8

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

  9. 9

    改革バカにケンカを売る山本太郎「れいわ新撰組」の本気度

  10. 10

    高校を中退し石原裕次郎の内弟子になろうと成城の自宅へ

もっと見る