DeNA砂田毅樹がリベンジ誓う 昨季8割打たれた中日の難敵は

公開日: 更新日:

「できる限り対戦したくないですね……」

 DeNAの救援左腕・砂田毅樹(投手・6年目・23歳) がこういって苦笑いを浮かべる相手は中日の平田良介(30)。昨季、打率.329をマークした巧打者との昨年の直接対決は、5打数4安打1本塁打。70試合に登板し、被打率.240だった砂田にとって、8割を打たれた相手は、難敵のひとりだ。

「打ち崩したと思っても、ヒットゾーンに飛んでいく。もちろん、あの手この手は駆使しました。投球のリズムを変えて、クイック気味に投げたり、長めに持って投げたり。スライダーをメインに攻める中で、昨年習得したフォークを初めて決め球として投げたら、バックスクリーンに本塁打された(苦笑い)。平田さんにとっては初見のはずなんですが、タイミングをズラそう、ズラそうとしても、しっかりと合わせてくる。僕に対して相性がいい、というのはあるのかもしれませんが、少々タイミングがズレても、バットで拾う技術は凄いと思います。もう打ち損じを待つしかないというか(苦笑い)。今年は何とか抑えたいですね」

 そんな砂田は今季に向けてこう意気込む。

「昨年70試合に登板しましたが、今年は例年以上に任されたところを、しっかり『0』に抑えるということを意識しています。投げるときは100%の成功に近づけるようにして、チームの勝利に貢献したいです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大補強でも誤算生じ…V奪回義務の原巨人に燻る“3つの火種”

  2. 2

    菅野圧巻でも小林では G原監督を悩ます炭谷との“相性問題”

  3. 3

    「欅坂46」長濱ねる ファンは感じていた卒業発表の“予兆”

  4. 4

    北が安倍政権を猛批判 米朝破談で逆に日本を「脅威利用」

  5. 5

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  6. 6

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  7. 7

    テレ朝が異例抜擢 元乃木坂46斎藤ちはるアナの評判と実力

  8. 8

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  9. 9

    朝ドラで存在感 元乃木坂46深川麻衣は女優で大成できるか

  10. 10

    「超面白かった」宇多田ヒカルは直撃取材直後にブログ更新

もっと見る