栗山監督が上機嫌で 日ハム輝星「開幕3戦目先発」に現実味

公開日: 更新日:

 盛り上がったのは、ファンやマスコミだけではなかった。

 去る16日に行われた日本ハムの紅白戦。ドラフト1位の吉田輝星(金足農)と、同5位の柿木蓮(大阪桐蔭)が先発するとあって、人口約4600人の村にその半数となる2300人が集結。評論家をはじめ多くのメディアも押し寄せた。国頭キャンプ史上最大級の騒ぎとなったが、それ以上にテンションが高かったのが栗山監督(57)だ。

 1回を投げて1安打1奪三振2四球。大田に一発を浴びたものの、最速146キロをマークした吉田の投球に相好を崩し、「結果どうこうより、非常にいいスタートを切った。力の入った感じの真っすぐはいいね」と、笑顔でこう続けた。

「体のつくりはしっかりして、全然、大丈夫そうだよね。投手は判断が難しいし、(2013年に開幕一軍入りした)大谷翔平のときもそうだったけど、ギリギリまで確認して、いきますよ、というときはもちろん言うし、最後にやめた方がいいという判断もあるわけだし。14日にブルペンを見たのはそういうこともある。ファンも期待しているし、我々も期待している。そこを間違えないように、より丁寧にいかなきゃいけない。使い方をいろいろ背負いながらやっていきますよ。チームに力を与えてくれそうだし、素材はいいものがある」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  5. 5

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  6. 6

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  7. 7

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  8. 8

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  9. 9

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  10. 10

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

もっと見る