栗山監督が上機嫌で 日ハム輝星「開幕3戦目先発」に現実味

公開日: 更新日:

 盛り上がったのは、ファンやマスコミだけではなかった。

 去る16日に行われた日本ハムの紅白戦。ドラフト1位の吉田輝星(金足農)と、同5位の柿木蓮(大阪桐蔭)が先発するとあって、人口約4600人の村にその半数となる2300人が集結。評論家をはじめ多くのメディアも押し寄せた。国頭キャンプ史上最大級の騒ぎとなったが、それ以上にテンションが高かったのが栗山監督(57)だ。

 1回を投げて1安打1奪三振2四球。大田に一発を浴びたものの、最速146キロをマークした吉田の投球に相好を崩し、「結果どうこうより、非常にいいスタートを切った。力の入った感じの真っすぐはいいね」と、笑顔でこう続けた。

「体のつくりはしっかりして、全然、大丈夫そうだよね。投手は判断が難しいし、(2013年に開幕一軍入りした)大谷翔平のときもそうだったけど、ギリギリまで確認して、いきますよ、というときはもちろん言うし、最後にやめた方がいいという判断もあるわけだし。14日にブルペンを見たのはそういうこともある。ファンも期待しているし、我々も期待している。そこを間違えないように、より丁寧にいかなきゃいけない。使い方をいろいろ背負いながらやっていきますよ。チームに力を与えてくれそうだし、素材はいいものがある」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  2. 2

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  3. 3

    巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

  4. 4

    英紙に漏らしたのは誰だ!「五輪中止決定」報道で犯人捜し

  5. 5

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  6. 6

    PCRを義務化し陽性者は即隔離…「伸晃モデル」を求める声

  7. 7

    「政治とカネ」問題かわす菅首相が10年前に言っていた正論

  8. 8

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  9. 9

    菅首相は逃げの一手 “8割おじさん”西浦氏の予算委出席拒否

  10. 10

    菅野の父親に県大会決勝の先発辞退を直訴するよう勧めた

もっと見る