山崎裕之
著者のコラム一覧
山崎裕之野球評論家

1946年12月22日、埼玉県生まれ。上尾高校時代には投手兼遊撃手として、1963年選抜高校野球に出場して注目を集め、東京オリオンズ(現ロッテ)に入団。3年目にレギュラーとなる。69年には打率.301を打ち、翌年は1チーム20ホームラン以上が5人という史上初の驚異打線の一員として大活躍。1979年に西武ライオンズ移籍後も、ベストナイン、ゴールデングラブ賞を獲得するなど、攻走守すべてにおいて活躍をみせた。引退後は野球解説者、野球評論家として活動している。

矢野監督が守備力評価 阪神ルーキー2人に開幕スタメンの目

公開日: 更新日:

 昨年とは明らかに雰囲気が違った。矢野燿大新監督(50)を迎えて一軍首脳陣の顔触れが変わったからか、グラウンドは活気に満ちている。

 話を聞いた矢野監督も手応えを感じているようだ。大きいのはやはり、FAで獲得した西勇輝と中日から加入したガルシアの存在ではないか。先発として実績のある2人の補強は、大黒柱のメッセンジャーの負担を減らす意味でも心強い。矢野監督が名前を挙げて期待する才木浩人、望月惇志らの若手が先発ローテに食い込んでくれば、フレッシュで楽しみな陣容になる。

 いや、藤浪晋太郎も忘れてはいけない。制球難と死球病がクローズアップされてしまうが、矢野監督は「技術面か精神面かといろいろ言われますが、ボクはあのままでいいと思っているんです。四球を3つ出しても点をやらなきゃいい。4つ出しても1点じゃないか、という考えでいます」と言っていた。ベンチがそういうつもりでマウンドに送り出せば、藤浪も多少は気が楽になるのではないか。いずれにしろ、藤浪が安定感を取り戻せば、阪神にとっては西やガルシア以上の“補強”になる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  2. 2

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  3. 3

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

  4. 4

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  5. 5

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

  6. 6

    枯れるには全然早い…70歳から人生を楽しく過ごせる理由

  7. 7

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  8. 8

    大阪市西成区あいりん地区 唐突すぎる“中華街構想”の行方

  9. 9

    韓国が騒然…空軍基地「ミサイル誤射事故」の衝撃と波紋

  10. 10

    「一人暮らしでいい」7割超…孤独を楽しめない人の克服法

もっと見る