山崎裕之
著者のコラム一覧
山崎裕之野球評論家

1946年12月22日、埼玉県生まれ。上尾高校時代には投手兼遊撃手として、1963年選抜高校野球に出場して注目を集め、東京オリオンズ(現ロッテ)に入団。3年目にレギュラーとなる。69年には打率.301を打ち、翌年は1チーム20ホームラン以上が5人という史上初の驚異打線の一員として大活躍。1979年に西武ライオンズ移籍後も、ベストナイン、ゴールデングラブ賞を獲得するなど、攻走守すべてにおいて活躍をみせた。引退後は野球解説者、野球評論家として活動している。

矢野監督が守備力評価 阪神ルーキー2人に開幕スタメンの目

公開日: 更新日:

 昨年とは明らかに雰囲気が違った。矢野燿大新監督(50)を迎えて一軍首脳陣の顔触れが変わったからか、グラウンドは活気に満ちている。

 話を聞いた矢野監督も手応えを感じているようだ。大きいのはやはり、FAで獲得した西勇輝中日から加入したガルシアの存在ではないか。先発として実績のある2人の補強は、大黒柱のメッセンジャーの負担を減らす意味でも心強い。矢野監督が名前を挙げて期待する才木浩人、望月惇志らの若手が先発ローテに食い込んでくれば、フレッシュで楽しみな陣容になる。

 いや、藤浪晋太郎も忘れてはいけない。制球難と死球病がクローズアップされてしまうが、矢野監督は「技術面か精神面かといろいろ言われますが、ボクはあのままでいいと思っているんです。四球を3つ出しても点をやらなきゃいい。4つ出しても1点じゃないか、という考えでいます」と言っていた。ベンチがそういうつもりでマウンドに送り出せば、藤浪も多少は気が楽になるのではないか。いずれにしろ、藤浪が安定感を取り戻せば、阪神にとっては西やガルシア以上の“補強”になる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    解散総選挙「自民66議席減」の衝撃メモ 首相は青ざめた?

  2. 2

    阪神・矢野監督のトンチンカン采配 ボーア来日1号帳消しに

  3. 3

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  4. 4

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  5. 5

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    産経新聞の阿比留氏こそ「病んでいる」のではないか?

  8. 7

    渡部と東出の不倫で好機 田辺誠一&大塚寧々夫婦株が急騰

  9. 8

    手越祐也 人脈武器に快進撃…ジャニーズ事務所は戦々恐々

  10. 9

    新宿、渋谷、六本木は行くな “在日米軍アラート”の信憑性

  11. 10

    老後資金は夫婦で1600万円…必要額2800万円に届かず不安

もっと見る