阪神・藤川球児のキャッチボールはそれだけで“客が呼べる”

公開日: 更新日:

ヤクルト 近藤一樹(投手・18年目・35歳)

 昨季、両リーグ最多の74試合に登板したヤクルトの近藤一樹(35)。プロ17年目で自身初となる最優秀中継ぎ(35ホールド)のタイトルを獲得したベテランは、同じセットアッパーである阪神の藤川球児(38)の名前を挙げた。

「僕の3つ上なので、まあまあなおトシだと思うんですけど、『あんなキャッチボールができるんだ』と思って見ています。気になって見るようになったのは、僕が(トレードで2016年7月にオリックスから)ヤクルトに来てからですかね。神宮球場の試合で(ビジター球団の投手陣が練習を行う)コブシ(球場)に球児さんが来る。そのときのキャッチボールを見るとすごいなと。ピッチャーってキャッチボールでも基本的にシュート回転をすごく嫌がるんです。球児さんは(シュート回転の)反対で、カット気味に真っすぐを手首を立てた状態で投げられていて、ああいうキャッチボールをしてみたい」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  2. 2

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  3. 3

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  6. 6

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  7. 7

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  8. 8

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  9. 9

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  10. 10

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

もっと見る