権藤博
著者のコラム一覧
権藤博野球評論家

1938年12月2日、佐賀県鳥栖市生まれ。鳥栖高からブリヂストンタイヤを経て61年に中日入り。1年目に35勝19敗、防御率1.70という驚異的な成績を挙げ、最多勝や沢村賞などタイトルを総ナメに。連投に連投を重ねる姿に「権藤、権藤、雨、権藤」の流行語が生まれた。68年に現役引退後は各球団の投手コーチを歴任。横浜で初の監督に就任した98年にはいきなりペナントを制し、38年ぶりの日本一に導いた。

“バッティング体操”に終始するからこそ感じた巨人丸の凄み

公開日: 更新日:

 先週、5球団がキャンプを張る宮崎を回ってきた。最も印象に残ったのは、巨人にFAで加入した丸佳浩(29)である。

 とはいっても、特別に状態の良さが際立っているわけではない。打撃練習を見ても、打球の速さや飛距離ではもっと目立つ選手が何人もいた。柵越えを連発するそういう連中を横目に、ライトへセンターへレフトへ、ポンポンと打ち返すだけ。“おっ、強く振ったな”と思わせるのは特打の終盤くらいで、ファンが見ればむしろ、物足りなく感じるかもしれない。

 そこに私は、丸の凄みというか、迫力を感じるのだ。2年連続MVPを獲得し、広島3連覇の立役者だった丸は同一リーグのライバルである巨人に移籍し、今度は盟主のV奪回の切り札として大きな期待と注目を背負った。年俸も破格。普通なら、いいところを見せようと気負うものだろう。

 それが、全くない。昨年、リーグ2位の39本もの一発を打っているのだから、打撃練習で柵越えを連発するくらい、わけもないことのはず。当然、そういうシーンをファンやメディアが喜ぶことも知っていながら、打撃練習ではタイミングとミートだけを考え、簡単に安打を打ち返すことに終始しているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    人気定着だから見えてきた カーシェアの「残念な点」3つ

  2. 2

    及川光博が明かした 壇れいと離婚届提出日に“打ち上げ飯”

  3. 3

    小川彩佳キャスターがもくろむ 古巣と元カレへのリベンジ

  4. 4

    東大卒フジ新人アナ藤本万梨乃は“令和のカトパン”になるか

  5. 5

    嫌われアナ1位に浮上 テレ朝・弘中綾香アナ“鋼のメンタル”

  6. 6

    丸山議員が辞めない理由か…政治資金“不正蓄財”疑惑が浮上

  7. 7

    NGT48山口真帆の気になる卒業後 引っ張りダコか干されるか

  8. 8

    佐藤浩市も大炎上…どんどんタブーになる芸能人の政治発言

  9. 9

    日朝会談巡り急浮上「9月訪朝」「複数帰国」眉唾シナリオ

  10. 10

    宇賀なつみも華麗に転身 フジからテレ朝へ女子アナ下克上

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る