権藤博
著者のコラム一覧
権藤博野球評論家

1938年12月2日、佐賀県鳥栖市生まれ。鳥栖高からブリヂストンタイヤを経て61年に中日入り。1年目に35勝19敗、防御率1.70という驚異的な成績を挙げ、最多勝や沢村賞などタイトルを総ナメに。連投に連投を重ねる姿に「権藤、権藤、雨、権藤」の流行語が生まれた。68年に現役引退後は各球団の投手コーチを歴任。横浜で初の監督に就任した98年にはいきなりペナントを制し、38年ぶりの日本一に導いた。

中日・根尾には荒木ら2軍若手コーチの指導がプラスになる

公開日: 更新日:

 プロ野球のキャンプが始まった。

 今年も宮崎、沖縄へ取材に出掛けるが、今はまだ名古屋にいる。こちらのメディアではやはり、中日のドラフト1位・根尾昂(18=大阪桐蔭)の情報量が圧倒的だ。まだ実戦も始まってない段階で、よくもまあ報じる材料があるものだ、と皮肉半分で感心してしまう。新人だろうとベテランだろうと、この時期に「いいの悪いの」と論評することに意味はない。

 だから私は、中日のキャンプを訪ねるのは、今月22日以降としている。実戦に入ってから、根尾を判断したい。素晴らしい才能を持っていることは間違いない。それを、試合で発揮できるか、がプロのすべてだ。

■2軍スタートの方がいい

 その根尾は今、二軍でキャンプを送っている。自主トレで右足を肉離れし、発表されていた一軍スタートが撤回された。むしろ、よかったのではないか。今年から中日の二軍コーチにはフレッシュな人材が集まった。現役を引退したばかりの荒木が内野守備走塁、浅尾が投手コーチに就任。打撃コーチを務める森野も指導者2年目で、まだ現役のイメージが強い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    あのジャニーズが“バーチャルアイドル”2.19デビューの衝撃

  2. 2

    風間俊介は3歳児の父 ジャニーズ“結婚&子持ち”NGの境界線

  3. 3

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

  4. 4

    かつては“お荷物”…山下智久が引き寄せた仕事運と信頼

  5. 5

    嵐に燻り続けてきた“プロパーvs外様”メンバーの確執と暗闘

  6. 6

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  7. 7

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  8. 8

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  9. 9

    背水から逆転の山下智久&木村拓哉 1本の映画が2人を変えた

  10. 10

    好調な映画そっちのけ…キムタクの雑な“白髪染め”が話題に

もっと見る