権藤博
著者のコラム一覧
権藤博野球評論家

1938年12月2日、佐賀県鳥栖市生まれ。鳥栖高からブリヂストンタイヤを経て61年に中日入り。1年目に35勝19敗、防御率1.70という驚異的な成績を挙げ、最多勝や沢村賞などタイトルを総ナメに。連投に連投を重ねる姿に「権藤、権藤、雨、権藤」の流行語が生まれた。68年に現役引退後は各球団の投手コーチを歴任。横浜で初の監督に就任した98年にはいきなりペナントを制し、38年ぶりの日本一に導いた。

中日・根尾には荒木ら2軍若手コーチの指導がプラスになる

公開日: 更新日:

 プロ野球のキャンプが始まった。

 今年も宮崎、沖縄へ取材に出掛けるが、今はまだ名古屋にいる。こちらのメディアではやはり、中日ドラフト1位・根尾昂(18=大阪桐蔭)の情報量が圧倒的だ。まだ実戦も始まってない段階で、よくもまあ報じる材料があるものだ、と皮肉半分で感心してしまう。新人だろうとベテランだろうと、この時期に「いいの悪いの」と論評することに意味はない。

 だから私は、中日のキャンプを訪ねるのは、今月22日以降としている。実戦に入ってから、根尾を判断したい。素晴らしい才能を持っていることは間違いない。それを、試合で発揮できるか、がプロのすべてだ。

■2軍スタートの方がいい

 その根尾は今、二軍でキャンプを送っている。自主トレで右足を肉離れし、発表されていた一軍スタートが撤回された。むしろ、よかったのではないか。今年から中日の二軍コーチにはフレッシュな人材が集まった。現役を引退したばかりの荒木が内野守備走塁、浅尾が投手コーチに就任。打撃コーチを務める森野も指導者2年目で、まだ現役のイメージが強い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    手越祐也 人脈武器に快進撃…ジャニーズ事務所は戦々恐々

  4. 4

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  5. 5

    手越祐也“辞めジャニ”に成功者なれる?赤西仁は10年の時間

  6. 6

    コロナ3カ月で抗体減 集団免疫とワクチンは“風前の灯火”か

  7. 7

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

  8. 8

    河井夫妻起訴の闇 特捜部1.5億円不問の裏切りで幕引きか

  9. 9

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  10. 10

    西村大臣の露骨な“庶民イジメ” 罰則付きでも休業補償なし

もっと見る