長谷川嘉宣
著者のコラム一覧
長谷川嘉宣MLB選手会公認エージェント

米オクタゴン社アジア担当部長。同志社大、オハイオ大大学院を経て、カージナルス3A勤務。当時在籍していた田口壮(現オリックス野手総合兼打撃コーチ)の縁で同選手を担当したCSMG社へ入社。2008年、オクタゴン社へ移籍。大家友和、和田毅、マイルズ・マイコラス、アレックス・カブレラらを担当。著書に「日米プロ野球の契約の謎」(ポプラ社)。

巨人で大活躍 マイコラスは「4A選手」の壁を突き破った

公開日: 更新日:
巨人時代はローレン夫人(右)も話題を集めた(C)日刊ゲンダイ

 前西武の菊池雄星が最大7年126億円でマリナーズに移籍した。こうした大型契約はどのようにして結ばれるのか。「自分の仕事を数分でうまく説明しきれない」。こう語るのは「日米プロ野球の契約の謎」を出版したMLB選手会公認エージェントで、米オクタゴン社のアジア担当部長を務める長谷川嘉宣…

この記事は会員限定です。
日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日本がワクチン後進国になってしまった「3つの理由」

  2. 2

    ワクチン接種後19人死亡の衝撃 基礎疾患のない26歳女性も

  3. 3

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  4. 4

    芸能界で話題もちきり“五輪中止論” たけしがスルーの背景

  5. 5

    阪神藤浪に二軍調整はもう不要…ドラ2伊藤の活躍が追い風

  6. 6

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  7. 7

    石田純一は“枕営業”迫られた…衝撃の未遂体験と告白の影響

  8. 8

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  9. 9

    2人は前世で親友だった?1枚の食事の写真に全米がホッコリ

  10. 10

    大阪府100万人あたりのコロナ死者数「インド超え」の衝撃

もっと見る