野球はパリ五輪除外決定…“希少価値”アップで志願者増加か

公開日: 更新日:

 2024年パリ五輪で野球が競技種目から除外されることになり、稲葉篤紀日本代表監督は「非常に残念」と談話を発表。日本代表のエース候補に挙げられる巨人の菅野智之(29)も「悲しいですね。最終決定なんですか?」と漏らしたが、菅野のように脂の乗っている選手の中には、メジャー挑戦を夢見る選手も少なくない。他にもDeNAの筒香嘉智(27)、西武の秋山翔吾(30)、広島の菊池涼介(28)、ソフトバンクの千賀滉大(26)、楽天の則本昂大(28)たちがメジャー志向を表明している。

 今オフ、つまり20年の東京五輪を前に大リーグ球団と契約すれば、五輪出場は限りなく難しくなる。憧れてきたメジャーと、一生に一度経験できるか分からない五輪を天秤にかけざるを得ない。そんな中、パリ五輪から野球がはじかれたと聞いた則本はこう言った。

「パリでなくなることも含めて、なんとしても東京大会に出場したい」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ZOZO前社長・前澤氏が募集 秘書広報の報酬と求められる物

  2. 2

    元手100万円が6年で“億り人” お笑い芸人はなぜ投資家に?

  3. 3

    屋良朝博氏「辺野古一択は時代錯誤」政府の思考停止を看破

  4. 4

    消費増税でコンビニ大混乱「301円問題」と「111円問題」

  5. 5

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  6. 6

    森田健作知事 元タレントなのに災害対応で存在感ゼロの愚

  7. 7

    進次郎株ダダ下がり “ステーキ&セクシー”発言で笑い者に

  8. 8

    ZOZO前澤氏の売却で注目 これがニッポンの株長者リスト

  9. 9

    10億円損失がSNSで話題 FXトレーダー・アキラ氏を直撃<1>

  10. 10

    初代女王から隔世の感 女子プロに20代1億円プレイヤー続々

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る