野球はパリ五輪除外決定…“希少価値”アップで志願者増加か

公開日: 更新日:

 2024年パリ五輪で野球が競技種目から除外されることになり、稲葉篤紀日本代表監督は「非常に残念」と談話を発表。日本代表のエース候補に挙げられる巨人菅野智之(29)も「悲しいですね。最終決定なんですか?」と漏らしたが、菅野のように脂の乗っている選手の中には、メジャー挑戦を夢見る選手も少なくない。他にもDeNAの筒香嘉智(27)、西武秋山翔吾(30)、広島菊池涼介(28)、ソフトバンク千賀滉大(26)、楽天則本昂大(28)たちがメジャー志向を表明している。

 今オフ、つまり20年の東京五輪を前に大リーグ球団と契約すれば、五輪出場は限りなく難しくなる。憧れてきたメジャーと、一生に一度経験できるか分からない五輪を天秤にかけざるを得ない。そんな中、パリ五輪から野球がはじかれたと聞いた則本はこう言った。

「パリでなくなることも含めて、なんとしても東京大会に出場したい」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  2. 2

    甥っ子がフジテレビ退社 囁かれる“安倍引退”のタイミング

  3. 3

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  4. 4

    “奇跡の61歳”宮崎美子 カレンダー予約殺到で「鬼滅」超え

  5. 5

    「麒麟がくる」放送再開も苦戦 関係者が明かす“3つの要因”

  6. 6

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  7. 7

    GoToトラベル人件費 事務局長「日当7万円」SNSトレンドに

  8. 8

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  9. 9

    「犬笛」を吹いてあとは知らんぷり…絶対に謝らない人たち

  10. 10

    堺雅人が育メンでやっと充実オフ「半沢直樹」の“役落とし”

もっと見る