中4日調整に雄星手探り 熟練トレーナー特別Pが待ち遠しい

公開日: 更新日:

 新人左腕が初めて経験するメジャーのルーティンに戸惑っている。

 2月25日(日本時間26日)のレッズ戦で好投したマリナーズ・菊池雄星(27)。次回登板は2日(同3日)のロイヤルズ戦が濃厚。日本では休養日だった登板2日後にブルペン入りするなど、初の中4日でのマウンドに向けてメジャー流の調整に四苦八苦しているのだ。

 菊池は同僚投手やコーチに調整法を聞いているそうで「自分なりのルーティンを開幕までにしっかりつくっていかないと」と、開幕まで試行錯誤を繰り返すという。

 当分は手探りで調整法を模索するが、開幕後は日本人選手を熟知したベテラントレーナーに管理されることになる。

 イチロー、岩隈(現巨人)ら多くの日本人選手の体をケアし、現在はトレーニング部門のシニアディレクターを務めるリック・グリフィン氏は「日本人投手に故障が多いのは勤勉すぎるため」が持論。日本人選手に限ったことではないものの、球団が定めた体力、筋力の数値が基準に満たない選手には特別プログラムが組まれる。岩隈が2012年に移籍した際にも、一定の数値に達していなかったため「クマ(岩隈)プログラム」と呼ばれる専用メニューでフィジカル強化を図った。移籍当初に中継ぎで起用されたのも、トレーナー陣が中4日のローテーションでは確実にパンクすると判断したためだったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    滝クリ同居拒否は宣戦布告か?進次郎が怯える“嫁姑バトル”

  2. 2

    目玉は嵐だけ…“やめ時”を逸した24時間テレビの時代錯誤

  3. 3

    三菱UFJ銀行vs三井住友銀行の給与 老後の蓄えは1億円以上

  4. 4

    史上最低大河「いだてん」に狙いを定めるN国にNHKは真っ青

  5. 5

    “報道キャスター”櫻井翔の評価急上昇 NHKと日テレで争奪戦

  6. 6

    コンクリートに7割消える「消費増税2兆円対策」のマヤカシ

  7. 7

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  8. 8

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  9. 9

    騒動から3年 いまだ地上波に復帰できない「のん」の現在地

  10. 10

    花田美恵子さん<3>フライト中に貴乃花から食事に誘われて

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る