評論家も言及 雄星は“生命線”スライダーの精度向上が急務

公開日: 更新日:

 新人左腕が、まずは上々のスタートを切った。

 25日(日本時間26日)のレッズ戦にオープン戦初登板したマリナーズ・菊池雄星(27)。2010年のナ・リーグMVPで、過去7度の最高出塁率を記録しているボットから内角高めのカーブで空振り三振を奪うなど、レッズの強打者を相手に自責点0に抑えた。

 最速152キロをマークした菊池は「まずは生命線の直球が良い形でいけたのでほっとしている」と話したが、もうひとつの「生命線」であるスライダーは安定感を欠いた。高めに抜けるシーンが目立ち、低めのいいコースに決まったのは初回、プイグに投じた1球のみ。渡米後、メジャーの滑りやすいボールへの対応を口にしていたが、課題は実戦に突入した今も解消されていない。

 菊池はメジャー移籍に際し、日本ではほとんど投げなかったチェンジアップの習得に努めてきた。緩急をつけて投球の幅を広げるためだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  2. 2

    甥っ子がフジテレビ退社 囁かれる“安倍引退”のタイミング

  3. 3

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  4. 4

    “奇跡の61歳”宮崎美子 カレンダー予約殺到で「鬼滅」超え

  5. 5

    「麒麟がくる」放送再開も苦戦 関係者が明かす“3つの要因”

  6. 6

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  7. 7

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  8. 8

    GoToトラベル人件費 事務局長「日当7万円」SNSトレンドに

  9. 9

    「鬼滅の刃」実写化なら炭治郎は誰が? 浮上する6人の俳優

  10. 10

    「犬笛」を吹いてあとは知らんぷり…絶対に謝らない人たち

もっと見る