世界8位のなでしこジャパン 最強米国に実力急接近の理由

公開日: 更新日:

 なでしこ日本女子代表が、米国で開催中の「シービリーブス杯」の初戦(日本時間2月28日)でFIFA世界ランク1位の最強軍団・米国代表と2―2で引き分けた。

 なでしこは世界ランク8位ながら、2011年にはドイツW杯を制した実績を持っている。しかし米国とは相性が悪く、過去35試合を戦って勝利は1試合だけ。大差負けも少なくない。ところが今回は2度リードされながら追い付く粘りを見せ、しかも「初代表を先発に2選手、途中交代に3選手」起用するなど高倉麻子監督の大胆不敵な選手起用も目に付いた。

 なでしこは2戦目で10位ブラジル(3日午前4時開始)、3戦目で4位イングランド(6日午前7時25分開始)と対戦するが、世界女王相手の見事な戦いっぷりが、現地でも評判になっている。

「なでしこの持ち味である<高い技術と絶妙なパスワーク>が、米国の強靱なフィジカルと圧倒的なスピードに粉砕されて力負けというのが常だったが、なでしこの若手が<正確で的確なロングボール>を蹴れるようになったのが大きい。フィジカル勝負、スピード勝負の局地戦を避けることができ、試合の流れを手繰り寄せられるようになった。レベルアップとともに若手のメンタルの強さにも脱帽した。格上に臆することなく、持てる力を存分に発揮して米国を最後まで苦しめた」(日本女子代表初代専任監督を務めた鈴木良平氏)

 フランスW杯を前に、なでしこは確実に力を付け、世界1位と8位の差はグンと詰まった。残り2試合が楽しみだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    滝クリ同居拒否は宣戦布告か?進次郎が怯える“嫁姑バトル”

  2. 2

    目玉は嵐だけ…“やめ時”を逸した24時間テレビの時代錯誤

  3. 3

    “報道キャスター”櫻井翔の評価急上昇 NHKと日テレで争奪戦

  4. 4

    史上最低大河「いだてん」に狙いを定めるN国にNHKは真っ青

  5. 5

    三菱UFJ銀行vs三井住友銀行の給与 老後の蓄えは1億円以上

  6. 6

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  7. 7

    騒動から3年 いまだ地上波に復帰できない「のん」の現在地

  8. 8

    U18の“二枚看板” 大船渡・佐々木と星陵・奥川に数々の不安

  9. 9

    テスト大会で浮き彫り…東京五輪「立候補ファイル」の大嘘

  10. 10

    芸能事務所に忖度するテレビ局は考え直す時期にきている

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る