バルサ育ちのFC東京・久保建英は五輪チームの主軸となるか

公開日: 更新日:

 FC東京の長谷川監督が、所属選手の17歳MFを大絶賛して「あまり人を褒めることをしない指揮官が……」と話題になっている。バルセロナの下部組織育ちで今季開幕の川崎戦でスタメン出場したMF久保建英のことだ。

 4DF―4MF―2FWの「右サイドMF」で先発した久保が、いきなり敵地スタジアムをどよめかせた。前半4分、左サイドのコーナーフラッグ付近から元日本代表の川崎MF家長をドリブルでかわし、続いてカバーに入ったDFマギーニョも突破してチャンスメーク。同38分には、自陣右サイドの深い位置から相手ボールを奪い、そこから素早くドリブルで駆け上がり、味方FWに絶妙のスルーパスを送った。

 終了間際にはFKのキッカーを務め、短い助走から利き足の左足を振り抜くとボールは鋭い弾道で飛んでいき、「ガァ~ン!」という大きな音とともに右ポストに当たってはね返った。川崎GKが半歩しか動けないほどの圧巻FKだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    木下優樹菜に仕事なくても給料払うと申し出た事務所の温情

  3. 3

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  4. 4

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  5. 5

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  6. 6

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  7. 7

    星野佳路氏 コロナと共生“マイクロツーリズム”で生き抜く

  8. 8

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

  9. 9

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  10. 10

    マック鈴木さん 手探りのマイナーからデビューまでを語る

もっと見る