釜本邦茂
著者のコラム一覧
釜本邦茂日本サッカー協会顧問

1944年4月15日生まれ。京都市出身。早稲田大2年で日本代表入り。64年東京五輪に続いて出場した68年メキシコ五輪で得点王を獲得。銅メダル獲得の原動力となった。日本代表Aマッチ76試合75得点(B、Cマッチを含めると231試合153得点)。Jリーグ発足後はG大阪初代監督。98年に日本サッカー協会副会長。95年から参議院議員を務めた。

アジア杯V逸で痛感した 森保ジャパンの決定的な「弱点」

公開日: 更新日:

 アジア杯の準優勝自体は、そんなに悲観する結果でもないとは思う。しかし、あまりに負け方が良くなかった。

 準決勝のイラン戦のデキが良く、中3日で行われた決勝のカタール戦への期待値が高かっただけになおさらだ。特に前半は日本選手のプレスがまったくかからず、ボランチやDFライン付近に空いたスペースをいいように使われ、「2失点で済んでラッキー」というのが正直なところだ。

 大会を通して森保ジャパンの決定的な弱点を痛感した。「1トップのスタメンFW大迫が不在の場合、日本の攻撃力は極端に低下する」である。

 中でも決勝トーナメント1回戦のサウジアラビア戦は顕著だった。

 右臀部の違和感でエースFWを欠いた森保ジャパンのボール保有率は23%に終わり、シュート本数はサウジの3分の1の5本にとどまった。試合は日本DF陣が体を張って守備に奮闘。1―0でモノにしたが、日本サッカーの良さを発揮できず、低調な試合内容となった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    あのジャニーズが“バーチャルアイドル”2.19デビューの衝撃

  2. 2

    風間俊介は3歳児の父 ジャニーズ“結婚&子持ち”NGの境界線

  3. 3

    かつては“お荷物”…山下智久が引き寄せた仕事運と信頼

  4. 4

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

  5. 5

    嵐に燻り続けてきた“プロパーvs外様”メンバーの確執と暗闘

  6. 6

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  7. 7

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  8. 8

    背水から逆転の山下智久&木村拓哉 1本の映画が2人を変えた

  9. 9

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  10. 10

    好調な映画そっちのけ…キムタクの雑な“白髪染め”が話題に

もっと見る