マリナーズ菊池雄星 左腕苦手の下位打者に“初被弾”の収穫

公開日: 更新日:

 マリナーズ・菊池雄星(27)が投げるたびに課題に直面している。

 7日(日本時間8日)のレッズ戦では二回、7番ディートリックに真ん中高めの直球を右中間席に運ばれ、オープン戦3度目の登板で初被弾である。

 試合後の菊池は「(1ボールからのカウントを)取りにいった真っすぐを本塁打された」と、パワーに脱帽したが、ディートリックは過去6年間で昨季の16本塁打がキャリアハイ(通算打率2割5分4厘、60本塁打、204打点)。

 菊池と同じ左腕を苦手にしており、通算の対戦成績は357打数83安打の打率2割3分2厘、10本塁打、36打点。昨季まで所属したマーリンズでは、相手先発が左腕の場合、スタメンを外れることもあった。

 マリナーズと同じア・リーグ西地区には、エンゼルス・トラウト、アストロズ・アルトゥーベら右の強打者が揃う。対照的に左の長距離砲は少ない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  2. 2

    桑田真澄というカリスマが高校野球に物申したことの意義

  3. 3

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  4. 4

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  5. 5

    イタリア政治に風穴あけた「五つ星運動」共同設立者に聞く

  6. 6

    強豪校監督に聞いた 高校野球の球数制限「賛成?反対?」

  7. 7

    大食い客から猛批判「やよい軒」おかわり有料化の視界不良

  8. 8

    横綱白鵬に帰化を決意させた朝青龍とのギスギスした因縁

  9. 9

    開幕から6戦全勝 原巨人5年ぶりV奪回は“カモ虎”と共に

  10. 10

    DeNA“オープナー制”実らず データ野球浸透の壁を識者指摘

もっと見る