マスターズ“上から目線”が反感買い近隣住民とトラブルに

公開日: 更新日:

 今年のマスターズでは、5番パー4のティーイングエリアが後方に下がり、総ヤーデージ数が延びることになる。オーガスタナショナルGCでは、毎年のように少しずつ手直しが行われている。今後は13番パー5をはじめとしたアーメンコーナーのホール延長や駐車場のトンネル工事など、大規模な工事予定が入っている。

 これらの改造を可能にしているのは、隣接ゴルフ場の一部買収や住宅、商業施設の地上げによるもので、ここ数年に4万平方メートルの土地をオーガスタナショナルGCが取得しているからだ。

 ただ、この改造と土地買収に問題がないわけではない。土地買収には、地元の迷惑を考えずに、金に物を言わせて地上げしているもようだ。

■USGAとR&Aと違う方向性

 豊富な資金を持つオーガスタナショナルGCは相場の1・5倍から数倍の金額表示で敷地を広げており、その際メジャー大会「マスターズ」のために地元住民は積極的に協力するのが当然という態度が、反発を買っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  3. 3

    囁かれる「菅首相退陣」シナリオ 二階幹事長が見捨てる時

  4. 4

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  5. 5

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  6. 6

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  7. 7

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  8. 8

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  9. 9

    リバプール南野いよいよ戦力外か…現地メディアも「近い」

  10. 10

    大谷翔平4年目の年俸は? “調停勝ち目なし”とシビアな評価

もっと見る