国内女子ツアーは今季も韓国選手の“タニマチ大会”と化すか

公開日: 更新日:

「今年も勢力図は変わりませんよ」というのは、あるツアー関係者だ。

 ゴルフの今季国内女子ツアーが7日開幕した。初戦のダイキンオーキッドレディス(沖縄・琉球GC)のプロアマ戦は6日、雨で中止になったが、選手たちは練習場で汗を流した。

 昨季はイ・ミニョン(26)が開幕戦に勝って、最終戦は申ジエ(30)の優勝で終幕。韓国勢の強さが目立った。

 賞金トップは年間5勝のアン・ソンジュ(31)が約1億8078万円稼ぎ、4度目の女王になった。アンのこれまでの通算獲得賞金は約10億4700万円(歴代4位)。日本ツアーはレベルが低いのに試合数がやたら多く、賞金が高い(36試合、37億500万円)。韓国選手にとってはこんなおいしい「職場」はないのだ。

 冒頭の関係者が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  3. 3

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  4. 4

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  5. 5

    坂上忍では微妙…関西人が納得する上沼恵美子“後釜”の名前

  6. 6

    分科会に浮上「Go To トラベル」前倒し実施に重大瑕疵疑惑

  7. 7

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  8. 8

    阪神藤浪を殺す梅野の怯懦 巨人相手に5回まで1失点も3連敗

  9. 9

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  10. 10

    東京都コロナ療養者が急増 最も深刻「ステージ4」に突入

もっと見る