7年ぶり日本凱旋 イチローが日本球界でプレーする可能性は

公開日: 更新日:

 いよいよ年貢の納め時なのかどうか。

 7年ぶりの日本凱旋として注目を浴びるマリナーズ・イチロー(45)。17日の巨人とのエキシビションゲームでは3打数無安打。かつての安打製造機のバットから快音は聞かれず、初回の右翼守備で、坂本の飛球をフェンスギリギリで捕球したのが唯一の見せ場だった。

 これでキャンプ地アリゾナでのオープン戦から21打席連続無安打。極度の不振を極める打撃とは対照的に、その口調は滑らかだ。

 16日の来日会見では、オープン戦で結果が出なくても、レギュラーシーズンで復調したり、その逆もあったことを例に挙げ、「そういった経験を生かして、この春にはいろんなことが起こる。自分の技術を見せたいと思っている」と巻き返しを誓った。

■「まるでできていない」と恩師

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    衆院補選10年ぶり敗戦濃厚で 甘利選対委員長に「責任論」

  3. 3

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  4. 4

    山口真帆は“手打ち”で出演 NGT48千秋楽公演は大荒れ必至?

  5. 5

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  6. 6

    白鵬は厳罰不可避か 春場所の“三本締め”に八角理事長激怒

  7. 7

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

  8. 8

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  9. 9

    投手陣崩壊…広島“沈没”は2年前のドラフトから始まった

  10. 10

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

もっと見る