タイガー・ウッズは200億円超!プロスポーツ界の年金事情

公開日: 更新日:

 日本のプロ野球は2012年に年金制度を廃止。5.5%の予定利回りをクリアできなかったためだ。以前は選手登録10年以上で、55歳から年額100万円ほどが終身でもらえていた。

 日本に比べ夢があるのが、米メジャーリーグ(MLB)。メジャー登録5年以上で受給資格が得られ、10年で満額支給。現在は60歳から年額21万ドル(約2300万円)を終身で受け取れる。日本人で満額基準を満たしているのは、野茂英雄、イチロー、松井秀喜、大家友和の4人だ。

 バスケットボールのNBAは報酬の1%を強制的に徴収し、積立年金に加入させている。選手の平均年俸が5億円だからそれなりの金額になる。

 アメフトのNFLは3階建て方式。55歳から支給の基本年金は月額560ドル(約6万2000円)×在籍年数。さらに選手とチームが1対2の割合で負担する確定拠出年金と選手年金プログラムがある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「一軒家」逆転で…「イッテQ!」に意外なリストラ候補が

  2. 2

    国分太一「ビビット」降板…TOKIOに囁かれる“空中分解説”

  3. 3

    大混戦必至の参院東京選挙区 有力美人候補4人は全員当選か

  4. 4

    ソフトBがメジャー1巡目指名19歳獲り 米有望株なぜ日本へ

  5. 5

    新天皇にもやるのか トランプ“ポンポン握手”に外務省恐々

  6. 6

    “マクロ経済スライド”で40代、50代の年金は今後どうなる

  7. 7

    理由は子どもだけか 磯野貴理子“2度目離婚”芸能記者の見方

  8. 8

    いまさら聞けない年金受給 59歳から始める満額もらう準備

  9. 9

    白血病新薬にケチ…命を費用対効果で語る麻生氏に批判殺到

  10. 10

    「嫌いな女」10位に広瀬すず “炎上発言”とゴリ押しアダか

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る