田口光久
著者のコラム一覧
田口光久サッカー解説者

1955年2月14日生まれ。秋田県出身。秋田商高から三菱(現浦和)入り。76年に日本代表入りを果たし、日本代表Aマッチ59試合に出場。B、Cマッチを含めると161試合で代表守護神として活躍した。現役を引退する84年まで代表主将を務め、引退後は秋田経法大付属高、青森山田高、遊学館高、国際学院高サッカー部監督を歴任した。

ビーチ日本代表監督ラモスを通して教わった「マリーシア」

公開日: 更新日:

 元日本代表司令塔のラモス監督率いるビーチサッカー日本代表が、タイで開催中のビーチサッカー・アジア選手権でグループリーグを3連勝で突破。11月のビーチサッカーW杯(パラグアイ)のアジア予選を兼ねている大会で奮闘している。

 ラモスは来日12年目の1989年、32歳で日本国籍を取得して代表入り。ビーチサッカー日本代表を率いている今も、日本サッカーのプライドを背負って世界と戦っている。

 ラモスとは日本代表で一緒にプレーする機会はなかったが、日本リーグでは読売クラブ(現東京V)の司令塔と三菱サッカー部(現浦和)の守護神として何度もしのぎを削った。彼はブラジル人ならではの高い技術と意外性のある攻撃センスに加え、試合の流れや攻守を切り替えるタイミングなどを嗅ぎ分ける能力がずばぬけていた。

 当時の日本サッカーは攻めるも守るも一本調子のプレーが主流だったが、ラモスは中盤で<ため>をつくって両ワイドに展開したり、スローダウンしたと思ったら一気にスピードアップしてゴールを急襲したり、本当にやっかいな選手だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  2. 2

    「欅坂46」長濱ねる ファンは感じていた卒業発表の“予兆”

  3. 3

    「超面白かった」宇多田ヒカルは直撃取材直後にブログ更新

  4. 4

    テレ朝が異例抜擢 元乃木坂46斎藤ちはるアナの評判と実力

  5. 5

    JOC竹田会長辞任決意のウラ側 “国内引きこもり”が決定打

  6. 6

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  7. 7

    HISの澤田秀雄会長はなぜ50億円の詐欺話に引っかかった

  8. 8

    酒気帯びで自殺説まで…ビートたけし「バイク事故」の衝撃

  9. 9

    防衛大で“異次元”と訓示 安倍政権で防衛予算10兆円の恐怖

  10. 10

    母・光子さんの陰で…フィルムに焼き付いた宮沢りえの“闇”

もっと見る