ベルギーで11得点 新顔FW鎌田大地「森保J」での期待値

公開日: 更新日:

 森保ジャパンに22歳の新顔点取り屋が、もうすぐ初お目見えすることになりそうだ。

 ベルギー1部のMF鎌田大地が所属するシントトロイデンに「3月のキリンチャレンジ杯(22日のコロンビア戦と26日のボリビア戦)で代表招集の可能性がある」と日本サッカー協会から連絡が入ったのだ。

 愛媛県出身。中学からG大阪ジュニアユースに進んだが、卒業する際にG大阪ユースに昇格できず、京都・東山高に進んだ。得点感覚に優れたゲームメーカーとして評価され、高卒時にはJ5クラブからオファーが届いた。最終的にJ1の鳥栖に入団(15年)。1年目・21試合、2年目・28試合とレギュラー格としてプレー。3年目の17年シーズン途中の6月、独ブンデスリーガのフランクフルトに完全移籍が決まって話題を集めた。

「柔らかいタッチからの絶妙スルーパスで味方のシュートをお膳立てしたり、ペナルティーエリア内に侵入して自らシュートを放ったり、相手に脅威を与える攻撃系選手です。フランクフルトでは出場機会に恵まれなかったが、18年9月のベルギー移籍という選択が大正解だった。主力としてプレーして今季すでに11得点。ブンデスリーガよりもレベルの落ちるリーグとはいえ、2ケタ得点は立派です。キリンチャレンジ杯で森保監督のお眼鏡にかなえば、それ以降も日本代表の大きな力になってくれるでしょう」(元サッカーダイジェスト編集長の六川亨氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  5. 5

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  6. 6

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  7. 7

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  8. 8

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  9. 9

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  10. 10

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

もっと見る