白鵬に逸ノ城…貴景勝の大関ノルマ“あと2勝”には難敵揃い

公開日: 更新日:

 苦しい後半戦になりそうだ。

 今場所の大関とりを目指す貴景勝(22)が19日、結びで横綱鶴竜(33)と対戦。立ち合いのもろ手突きから押しの一手で、危なげなく勝利した。これで8勝2敗。大関昇進を決めるためにも、2ケタ勝利は必要。つまり、最低限のノルマまであと2勝になる。

 残り5日間で2勝と聞けば昇進濃厚と言いたくなるが、今後の相手は上位陣。きょう20日は白鵬戦だ。3大関との対戦も残っている。さらに油断できないのが、このまま優勝争いを続ければ避けられないであろう、逸ノ城(25)である。

 今場所は9勝1敗。すでに高安豪栄道を粉砕している。成績がメンタルに左右されやすく、消極的なときはただのデカい置物。それがひとたび自信を取り戻すや、現役最重量226キロの巨体で圧力をかけながら、ガンガン攻める。

 貴景勝はこの巨漢力士に7勝2敗。昨年1、3月場所では逸ノ城の積極相撲に敗れている。

 強敵揃いの後半戦。序盤の2敗が大きな痛手となるかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    京大教授藤井聡氏 大阪都構想は維新への信任投票ではない

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    菅政権が「年末年始17連休」正月休み拡大をブチ上げた狙い

  4. 4

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  5. 5

    安倍前首相ファクト発言にツッコミ殺到「おまえが言うか」

  6. 6

    Gドラ1は投手捨て野手に…乗り換えた原監督の不安と不満

  7. 7

    いしだ壱成さんが語る「生活保護不正受給疑惑」報道の真相

  8. 8

    今年のドラフトは“戦略ダダ漏れ”「個室指名」の意外な盲点

  9. 9

    岡村隆史は自称“風俗オタク”…結婚生活はうまくいくのか

  10. 10

    甥っ子がフジテレビ退社 囁かれる“安倍引退”のタイミング

もっと見る