3万人の観衆が沸いた ロッテ藤原・球団初の高卒新人開幕H

公開日: 更新日:

 ロッテドラフト1位藤原恭大(18)が29日、「1番・中堅」で楽天との開幕戦に先発出場。七回の第4打席に俊足を生かして遊撃内野安打を放った。

 開幕戦に先発出場した高卒新人がヒットを打ったのは2013年の大谷翔平以来で、球団では史上初の快挙である。

「名前が残るのはうれしい。バットを少し短く持って、逆方向を意識した」

 そう話した18歳は試合当日にスタメンを知り、「まさかと思った」。驚いたのも無理はない。中堅を争う岡大海(27)はオープン戦14試合で打率.263、3盗塁。これに対し、藤原は14試合で打率.219、1盗塁。数字では岡がリードしていた。が、鳥越ヘッドコーチは「数字に表れない内容も見ているから。今回のスタメンはあいつが自分で勝ち取ったもの」と説明し、こう続けた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    また職員が感染 加藤厚労相は危機管理能力ゼロのポンコツ

  3. 3

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  4. 4

    「再感染」が続出 新型コロナは変異、劇症化しているのか

  5. 5

    中居正広がジャニーズ退所…SMAP再結成「99%消えた!」

  6. 6

    サラリーマンにピッタリ 入門用ベンツAクラスにセダン登場

  7. 7

    「つい言い間違えた」発言は日本の官僚機構が瓦解した象徴

  8. 8

    新型ウイルス対策 「東京は封鎖できるか」内閣官房に聞く

  9. 9

    田中みな実は燃え尽き?ジャニーズ事務所も恐れる次の一手

  10. 10

    立憲・枝野幸男代表が苦言「今の会見は15分で切っちゃう」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る