ロッテ1位・藤原恭大は規格外 中学野球部“1日でクビ”伝説

公開日:

 最強大阪桐蔭で4番を張った藤原恭大(ロッテ1位・外野手・18歳)は中学時代、野球部を1日で“クビ”になっていた。

 母校、豊中第五中学校で野球部顧問だった青木裕教諭(社会科)はこう話す。

「彼は外部のチーム(オール枚方ボーイズ)に入っていて、野球部には入っていませんでした。2年生になったある時、彼の友達が『恭大を呼んできていい?』と言って(中学の)野球部に連れてきた。そこで僕と軽~くキャッチボールをしたら、『バチーン!』と、ものすごい衝撃。球もめちゃくちゃ速い。そんなボールを放ってきて万が一、生徒が目を離して顔に当たったら大変やと。聞いたらMAX138キロは出ていたらしく、『もう少しで140キロやねん』と言っていました。バッティングも規格外で、うちはグラウンドも広くないし、特にライトが狭いので、場外に本塁打ガンガン飛ばされたら終わりやなと思いました(笑い)。すぐに『悪いこと言わん、そのまま外部のチームでやってくれ』と頼みましたね。彼の中学野球部生活は、その1日で終わりです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  3. 3

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  4. 4

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  5. 5

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  6. 6

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  7. 7

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  8. 8

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  9. 9

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  10. 10

    “M─1舌禍騒動”当初は久保田&武智を支持する声も多かった

もっと見る