ロッテ1位・藤原恭大は規格外 中学野球部“1日でクビ”伝説

公開日: 更新日:

 最強大阪桐蔭で4番を張った藤原恭大(ロッテ1位・外野手・18歳)は中学時代、野球部を1日で“クビ”になっていた。

 母校、豊中第五中学校で野球部顧問だった青木裕教諭(社会科)はこう話す。

「彼は外部のチーム(オール枚方ボーイズ)に入っていて、野球部には入っていませんでした。2年生になったある時、彼の友達が『恭大を呼んできていい?』と言って(中学の)野球部に連れてきた。そこで僕と軽~くキャッチボールをしたら、『バチーン!』と、ものすごい衝撃。球もめちゃくちゃ速い。そんなボールを放ってきて万が一、生徒が目を離して顔に当たったら大変やと。聞いたらMAX138キロは出ていたらしく、『もう少しで140キロやねん』と言っていました。バッティングも規格外で、うちはグラウンドも広くないし、特にライトが狭いので、場外に本塁打ガンガン飛ばされたら終わりやなと思いました(笑い)。すぐに『悪いこと言わん、そのまま外部のチームでやってくれ』と頼みましたね。彼の中学野球部生活は、その1日で終わりです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  4. 4

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  5. 5

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

  6. 6

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  7. 7

    大船渡・佐々木に阪神熱視線で…“藤浪の二の舞”懸念する声

  8. 8

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  9. 9

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  10. 10

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

もっと見る