ロッテ藤原は打撃に苦戦 「野球脳と体力」不足を打撃C指摘

公開日: 更新日:

 存分にプロの洗礼を受けている。

 28日、ソフトバンクとの練習試合に2番・中堅でスタメン出場して4タコに終わったロッテの藤原恭大(18)。ここまで実戦11試合で34打数7安打(打率.206)3打点と苦戦している。

 大村巌打撃コーチは「光るものはあるし、野球センスは高い」と素材の良さを褒める一方で、こう言った。

「日々の練習の中で、プロの目まぐるしい動きや細かいサインに『頭パンパンです……』と言っていた。なんと言うか、言葉を選ぶの難しいね、この平成30年の時代で。愛されるキャラクターというか、まあ、論理的ではない感じではあるよね(苦笑い)」

 さらに、体の問題も指摘した。

「はっきり言って、体は弱いです。筋肉もないし、本人もプロの厳しさを感じていると思う。『これまでほとんどトレーニングをやったことがない』って言っていたから。大阪桐蔭はあまりトレーニングをしないらしいね。うちにいる(プロ5年目の)香月一也(2014年ドラフト5位)も全然体力がない。西武ライオンズだけ(森、浅村、中村など)“良い大阪桐蔭”が行っているんだよなあ(笑い)」

 プロの壁に阻まれてきた甲子園のスターは星の数ほどいるが、ロッテの高卒ルーキーとしては54年ぶりとなる開幕スタメンの座をつかめるのかどうか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカ復調の兆し 再結成「沢尻会」の意外な顔ぶれ

  2. 2

    いまさら聞けない年金受給 59歳から始める満額もらう準備

  3. 3

    巨人菅野の深刻一発病なぜ? 本人や相手打者ら8人に総直撃

  4. 4

    芸能界ファミリー新派閥「瑛太会」を悩ます“ボス”の酒癖

  5. 5

    評価は急落…大船渡・佐々木“一球も投げず初戦敗退”の波紋

  6. 6

    巨人・上原監督の可能性は?“生え抜きエース”の条件クリア

  7. 7

    今オフにもポスティング 広島・菊池涼介メジャーでの値段

  8. 8

    安倍政権が労働者イジメ 経営者が首切り自由の“改悪制度”

  9. 9

    令和初の国賓も…日米首脳会談「共同声明」見送りの“真相”

  10. 10

    無名俳優と電撃格差婚で 川栄李奈にのしかかる“ミルク代”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る