ロッテ藤原は打撃に苦戦 「野球脳と体力」不足を打撃C指摘

公開日: 更新日:

 存分にプロの洗礼を受けている。

 28日、ソフトバンクとの練習試合に2番・中堅でスタメン出場して4タコに終わったロッテの藤原恭大(18)。ここまで実戦11試合で34打数7安打(打率.206)3打点と苦戦している。

 大村巌打撃コーチは「光るものはあるし、野球センスは高い」と素材の良さを褒める一方で、こう言った。

「日々の練習の中で、プロの目まぐるしい動きや細かいサインに『頭パンパンです……』と言っていた。なんと言うか、言葉を選ぶの難しいね、この平成30年の時代で。愛されるキャラクターというか、まあ、論理的ではない感じではあるよね(苦笑い)」

 さらに、体の問題も指摘した。

「はっきり言って、体は弱いです。筋肉もないし、本人もプロの厳しさを感じていると思う。『これまでほとんどトレーニングをやったことがない』って言っていたから。大阪桐蔭はあまりトレーニングをしないらしいね。うちにいる(プロ5年目の)香月一也(2014年ドラフト5位)も全然体力がない。西武ライオンズだけ(森、浅村、中村など)“良い大阪桐蔭”が行っているんだよなあ(笑い)」

 プロの壁に阻まれてきた甲子園のスターは星の数ほどいるが、ロッテの高卒ルーキーとしては54年ぶりとなる開幕スタメンの座をつかめるのかどうか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  2. 2

    相場低迷でウマ味 三菱UFJの配当金は普通預金利息の5000倍

  3. 3

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  4. 4

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  5. 5

    ロンブー淳が明かす「山本太郎に口説かれたこともある」

  6. 6

    タレント松尾伴内さんの念願はNY生活 28歳の頃からの憧れ

  7. 7

    北朝鮮ミサイル発射を傍観するトランプ大統領“本当の狙い”

  8. 8

    元巨人・二岡智宏さんは独立L富山の監督で優勝を目指す

  9. 9

    靖国参拝で改めて認識 進次郎氏の軽薄さとメディアの劣化

  10. 10

    令和元年も渦巻く欲望…夏の甲子園“ネット裏怪情報”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る