ロッテ藤原が好感触 コーチ陣「打撃は本人任せ」は大正解

公開日: 更新日:

 5日のシート打撃で前日に続いて無安打に終わったのがロッテのドラフト1位ルーキー・藤原だ。

 しかし、本人が「焦りはまったくない」と言えば、打撃を見守った井口監督は「内容はかなりいい。当たり自体も悪くないしね」とむしろ好感触だった。

 コーチのひとりは「直すところはない」と話しているが、正確な言い方をすれば「藤原の打撃に関しては手を加えてはいけない」ということらしい。

 それがフロントの要望なのか、井口監督の指令なのかは定かじゃないが、藤原は野球名門校である大阪桐蔭出身。意識が高く、自身の課題も正確に把握しているという。現在は打つときに体が前に突っ込む高校時代からのクセの矯正に取り組んでいるそうだ。

 そうやって自ら課題の克服に取り組んでいる選手に対し、周囲があれやこれやと口出しすれば本人が混乱するだけだからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  2. 2

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  3. 3

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

  4. 4

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  5. 5

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

  6. 6

    枯れるには全然早い…70歳から人生を楽しく過ごせる理由

  7. 7

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  8. 8

    大阪市西成区あいりん地区 唐突すぎる“中華街構想”の行方

  9. 9

    韓国が騒然…空軍基地「ミサイル誤射事故」の衝撃と波紋

  10. 10

    男女の意識差は歴然…シニアは“プチ別居”婚がうまくいく

もっと見る