ロッテ藤原が好感触 コーチ陣「打撃は本人任せ」は大正解

公開日: 更新日:

 5日のシート打撃で前日に続いて無安打に終わったのがロッテドラフト1位ルーキー・藤原だ。

 しかし、本人が「焦りはまったくない」と言えば、打撃を見守った井口監督は「内容はかなりいい。当たり自体も悪くないしね」とむしろ好感触だった。

 コーチのひとりは「直すところはない」と話しているが、正確な言い方をすれば「藤原の打撃に関しては手を加えてはいけない」ということらしい。

 それがフロントの要望なのか、井口監督の指令なのかは定かじゃないが、藤原は野球名門校である大阪桐蔭出身。意識が高く、自身の課題も正確に把握しているという。現在は打つときに体が前に突っ込む高校時代からのクセの矯正に取り組んでいるそうだ。

 そうやって自ら課題の克服に取り組んでいる選手に対し、周囲があれやこれやと口出しすれば本人が混乱するだけだからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  2. 2

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  3. 3

    江角、滝クリ、国仲…“22歳差婚”武田真治の華麗なモテ遍歴

  4. 4

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  5. 5

    コロナ利用の自分ファースト “女帝”圧勝の内幕と今後<前>

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    緊急寄稿・石井妙子 小池再選を生んだメディアの忖度気質

  8. 7

    木下優樹菜が活動再開から1週間足らず…芸能界引退の真相

  9. 8

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  10. 9

    12時間以上粘り一八の話を聞き出すも…やっさんが顔に水を

  11. 10

    巨人サンチェス3回降板にブ然 原監督“怒り投手交代”の波紋

もっと見る