10カ月ぶり姿 復活の長嶋茂雄氏は五輪聖火ランナーが目標

公開日: 更新日:

 昨年7月に体調を崩して入院し、一時は死亡説まで飛び交った「ミスター」が“復帰”した。

 2日、巨人の長嶋茂雄終身名誉監督(83)が巨人の本拠地開幕戦を観戦するため東京ドームを訪問。試合前のセレモニーの途中、バルコニー席から手を振る姿がオーロラビジョンに映し出されると、観客からは大きな歓声と拍手が沸き起こった。

 昨年12月に退院していた長嶋名誉監督が公の場に姿を見せるのは約10カ月ぶりのことである。

「胆石による肝機能低下で一時的に危険な状態に陥ったのは確かだが、入院中にその胆石がどこかに消えちゃったというんだからメークミラクルだよ。今では『是が非でも東京五輪の聖火ランナーをやりたい』とやる気満々らしい」(巨人OB)

 長嶋氏が2004年に脳梗塞で倒れて以降、15年にわたってそのリハビリを取材し続けているスポーツジャーナリストの吉見健明氏がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  3. 3

    兵庫・明石商監督に聞いた データ分析のチーム強化の労苦

  4. 4

    未浄化下水広がる“肥溜めトライアスロン”に選手は戦々恐々

  5. 5

    引きこもりだった大学生が「しょぼい喫茶店」を始めるまで

  6. 6

    舘ひろし氏「太平洋戦争はエリートが犯した失敗の宝庫」

  7. 7

    靖国参拝で改めて認識 進次郎氏の軽薄さとメディアの劣化

  8. 8

    北朝鮮ミサイル発射を傍観するトランプ大統領“本当の狙い”

  9. 9

    セレブ子弟集まる青学初等部に残る“ボスママ戦争”の後遺症

  10. 10

    香取慎吾の出演を認めさせた 萩本欽一&ジャニー社長の絆

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る