10カ月ぶり姿 復活の長嶋茂雄氏は五輪聖火ランナーが目標

公開日: 更新日:

 昨年7月に体調を崩して入院し、一時は死亡説まで飛び交った「ミスター」が“復帰”した。

 2日、巨人長嶋茂雄終身名誉監督(83)が巨人の本拠地開幕戦を観戦するため東京ドームを訪問。試合前のセレモニーの途中、バルコニー席から手を振る姿がオーロラビジョンに映し出されると、観客からは大きな歓声と拍手が沸き起こった。

 昨年12月に退院していた長嶋名誉監督が公の場に姿を見せるのは約10カ月ぶりのことである。

「胆石による肝機能低下で一時的に危険な状態に陥ったのは確かだが、入院中にその胆石がどこかに消えちゃったというんだからメークミラクルだよ。今では『是が非でも東京五輪の聖火ランナーをやりたい』とやる気満々らしい」(巨人OB)

 長嶋氏が2004年に脳梗塞で倒れて以降、15年にわたってそのリハビリを取材し続けているスポーツジャーナリストの吉見健明氏がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

  2. 2

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  3. 3

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  4. 4

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  5. 5

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  6. 6

    先の大戦と酷似 デマと精神論が蔓延するコロナ禍ニッポン

  7. 7

    11点差の負け試合に野手登板 G原采配「最善策」の違和感

  8. 8

    裕次郎さんの自宅から遺跡が…本人と石原プロ社員の神対応

  9. 9

    ドラマで描かれないシーン 古関裕而は無類の愛煙家だった

  10. 10

    巨人の快進撃を支える「神走塁」 地味ながら凄い3人の正体

もっと見る