10カ月ぶり姿 復活の長嶋茂雄氏は五輪聖火ランナーが目標

公開日: 更新日:

 昨年7月に体調を崩して入院し、一時は死亡説まで飛び交った「ミスター」が“復帰”した。

 2日、巨人長嶋茂雄終身名誉監督(83)が巨人の本拠地開幕戦を観戦するため東京ドームを訪問。試合前のセレモニーの途中、バルコニー席から手を振る姿がオーロラビジョンに映し出されると、観客からは大きな歓声と拍手が沸き起こった。

 昨年12月に退院していた長嶋名誉監督が公の場に姿を見せるのは約10カ月ぶりのことである。

「胆石による肝機能低下で一時的に危険な状態に陥ったのは確かだが、入院中にその胆石がどこかに消えちゃったというんだからメークミラクルだよ。今では『是が非でも東京五輪の聖火ランナーをやりたい』とやる気満々らしい」(巨人OB)

 長嶋氏が2004年に脳梗塞で倒れて以降、15年にわたってそのリハビリを取材し続けているスポーツジャーナリストの吉見健明氏がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ファイザー製&モデルナ製のワクチン効果は1年続くのか?

  2. 2

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  3. 3

    下戸の野口修が山口洋子の「姫」に足しげく通った理由

  4. 4

    植山直人氏「政府は命をなんだと思っているのでしょうか」

  5. 5

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  6. 6

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  7. 7

    小池知事「過度の疲労」でダウンの波紋…都ファは右往左往

  8. 8

    ワクチン副反応で新たな混乱“アセトアミノフェン薬”が品薄

  9. 9

    「孤独のグルメ」超人気を支える主演・松重豊の人柄と気合

  10. 10

    キムタク海外ドラマ進出も喜べない裏事情 よぎる山Pの失敗

もっと見る