ヤクルト村上が今季1号 “なりきり青木宣親”でようやく結果

公開日: 更新日:

「エラーを反省しています」

 4日、今季1号を放ったヤクルト村上宗隆(19)の言葉は反省に満ちていた。DeNA戦で二回、同点2ランを放つも、四回に三ゴロを悪送球。失点にはつながらなかったが、試合は大敗し、その後も「チームに迷惑をかけてきたので」と反省の弁が止まらなかった。

「結果を出すしかない」が口癖の19歳は、2000年生まれで高卒2年目の「ミレニアム世代」。同期には、日本ハムの清宮幸太郎、ロッテの安田尚憲、広島の中村奨成ら、甲子園を沸かせたスターたちがゾロゾロいる。熊本の九州学院卒の村上もまた甲子園の土を踏んだ球児のひとりだが、出場は1年夏のみで無安打の初戦敗退。それでもドラフトでは清宮をクジで外した巨人、楽天と3球団が競合した。

 プロの門をくぐって1年。世代の中心、清宮は今季、オープン戦で右手首を負傷して戦線離脱。安田も開幕二軍スタートとなった。中村はまだ一軍デビューすらしていない中で、村上は開幕スタメンを勝ち取った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  2. 2

    横浜の誘致表明で…米カジノ最大手が大阪から撤退の衝撃

  3. 3

    横浜市IR誘致表明で始まる“菅長官vsヤクザ”の仁義なき戦い

  4. 4

    土屋太鳳&山崎賢人まさかの4度目共演…焼けぼっくいに火?

  5. 5

    春風亭小朝 AKB48は噺家に欠ける部分を気づかせてくれた

  6. 6

    強烈ジョークでNHKを慌てさせた 香取慎吾の気になる今後

  7. 7

    視聴率低迷のNHK大河「いだてん」には致命的な見落としが

  8. 8

    井上真央が女優活動再開 嵐・松本潤との破局説の行方は?

  9. 9

    有権者が賢くないと政治が乱れる見本

  10. 10

    すでに紅白内定? 3人組「ヤバイTシャツ屋さん」って誰?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る