ヤクルト村上が今季1号 “なりきり青木宣親”でようやく結果

公開日: 更新日:

「エラーを反省しています」

 4日、今季1号を放ったヤクルト村上宗隆(19)の言葉は反省に満ちていた。DeNA戦で二回、同点2ランを放つも、四回に三ゴロを悪送球。失点にはつながらなかったが、試合は大敗し、その後も「チームに迷惑をかけてきたので」と反省の弁が止まらなかった。

「結果を出すしかない」が口癖の19歳は、2000年生まれで高卒2年目の「ミレニアム世代」。同期には、日本ハム清宮幸太郎ロッテ安田尚憲広島中村奨成ら、甲子園を沸かせたスターたちがゾロゾロいる。熊本の九州学院卒の村上もまた甲子園の土を踏んだ球児のひとりだが、出場は1年夏のみで無安打の初戦敗退。それでもドラフトでは清宮をクジで外した巨人楽天と3球団が競合した。

 プロの門をくぐって1年。世代の中心、清宮は今季、オープン戦で右手首を負傷して戦線離脱。安田も開幕二軍スタートとなった。中村はまだ一軍デビューすらしていない中で、村上は開幕スタメンを勝ち取った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  3. 3

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  4. 4

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  5. 5

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  6. 6

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  7. 7

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  8. 8

    死者・重症者が8月急増「9月が怖い」の声と安倍首相の無策

  9. 9

    野党「合流新党」は150人規模の勢力に 分裂期待の自民落胆

  10. 10

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

もっと見る