先輩青木が“前例” ヤクルト山田に今オフメジャー挑戦の目

公開日: 更新日:

 早ければ今オフにも、動きがあるかもしれない。昨年、プロ野球史上初となる3度目のトリプルスリーを達成したヤクルト山田哲人(26)が、ポスティングでメジャー挑戦する可能性があるというのだ。

 山田は2017年WBCの侍ジャパンの一員として決勝ラウンドに進出。メジャー挑戦について、「興味がないことはない」と話したことがある。その思いは今も変わっていないという。

 今オフは、ひとつのタイミングになりそうだ。順調にいけば、20年オフに国内FA権、21年オフに海外FA権を取得する見込みだ。

 ヤクルトの先輩・青木宣親(37)がポスティングでブルワーズへ移籍したのが11年オフ。海外FA権を取得する2年前だった。鈴木球団社長時代はポスティングを容認しなかったが、11年に現任の衣笠球団社長が就任し、流れが変わった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  2. 2

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  3. 3

    5歳未満のコロナウイルス保有量「大人の10~100倍」のナゾ

  4. 4

    140億円の超ジャンボ宝くじ当てた 40代夫婦のその後の生活

  5. 5

    岩手県初のコロナ感染者に誹謗中傷が…ウソ申告増加の懸念

  6. 6

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  7. 7

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  8. 8

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  9. 9

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  10. 10

    左頬の刀傷と眼光…初めて生で見た安藤昇は想像以上の迫力

もっと見る