センバツ用にピックアップした投手がリストから外された理由

公開日: 更新日:

「おまえさぁ、まさか本気であのピッチャーをリストに載せたわけじゃねーよな」

 センバツ期間中のことだ。部長から珍しく晩飯を誘われたもんで、てっきり、寒い中、ご苦労さんとねぎらってくれるのかと思ったら、梅田の居酒屋に入るなり説教だった。

 部長の言う「あのピッチャー」とは、140キロ超のストレートを投げながら初戦で敗退した右腕のこと。オレの担当地区の選手だし、昨秋の時点でかなり速い球を投げていたから磨けば光ると思ってリストアップしたんだ。

「ありゃ、完全に野手の投げ方じゃねーか。東邦の石川もそうだけど、体の開きが早いから腕も早く前に出て、リリースポイントが丸見えだ。あれじゃ、いくら速い球を投げてもつかまるさ。悪いが、リストから外すからな」

 そうはいっても、大学や社会人に行ってから良くなる可能性だってあるでしょ?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  2. 2

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  3. 3

    さんまもサジ投げた?宮迫博之“なんちゃって懺悔録”の軽薄

  4. 4

    目玉は嵐だけ…“やめ時”を逸した24時間テレビの時代錯誤

  5. 5

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

  6. 6

    連日過熱報道でついに悲鳴…渋野日向子が“国外逃亡”する日

  7. 7

    渋野日向子フィーバーの裏で“渋い顔” 大会運営はツラいよ

  8. 8

    日韓外相会談物別れでも SNS映えに走る河野外相悪ノリ外遊

  9. 9

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  10. 10

    F35とは“別腹” F2後継ステルス機国産化で防衛費は青天井

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る