骨折でもサイクル達成 阪神梅野“休むに休めぬ”チーム事情

公開日: 更新日:

「自分がまさか達成するとは。めちゃくちゃうれしいです」

 阪神梅野隆太郎(27)が9日のDeNA戦で史上69人目となるサイクル安打を達成。大逆転勝利に貢献した。

 この梅野は去る2日の巨人戦で、内野安打を放った際に一塁ベース付近で転倒。左足薬指を骨折した。それでも自ら志願して試合に出ており、「勝利に貢献するためと自分にプレッシャーを与えてやっている。いい結果が出ているので続けていきたい」と意気込んでいる。矢野監督も「頼もしく思う」と信頼を寄せている。

 ライバル球団のスコアラーがこう言う。

「骨折箇所への負担を考慮しているのか、前の左足をリラックスした状態で踏み出している分、力むことなく打てている。打撃に関してはケガの功名といっていいでしょう。とはいえ、痛みはあるだろうし、捕手はただでさえ負担が大きいポジション。開幕直後に無理をすることが後々に影響しても不思議ではない。球団によっては強制的に休養させるようなケガですから」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  3. 3

    <1>管理職には“小池リスク”…誰もが潰され使い捨てられる

  4. 4

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  5. 5

    不正販売で処分の「かんぽ生命」が受け継いだ磯田イズム

  6. 6

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  7. 7

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  8. 8

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  9. 9

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  10. 10

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

もっと見る