矢野阪神は光見えず…G対策“初モノ右腕”浜地も沈没のワケ

公開日: 更新日:

 巨人は「初対戦の投手に弱い」といわれるが、この日は違った。

 阪神の先発は、高卒3年目の浜地真澄(20)。初回、立ち上がりからボールが高めに浮き、4番岡本に投げた外角スライダーで先制2ランを浴びると、亀井、ゲレーロの連打に足を絡めた攻撃で3点目を献上。四回は2死一、二塁から坂本勇にも外のスライダーを左中間スタンドに運ばれ9安打6失点で降板した。

「多少の緊張はあったが、自分の力を出し切ることができず、悔しさが残る登板でした」と言った浜地についてあるOBは、「やっぱりダメでしたね」と、こう続けた。

「浜地は初速と終速がほとんど変わらず、質のいい直球を投げるんだが、球速は140キロ台前半で絶対的な武器がない。そもそも先発に抜擢されたのも、秋山は右膝の手術明けで、才木、望月はオープン戦で不調。期待の大きかった竹安はFA西の人的補償でオリックスに移籍したという事情によるもの。確かにオープン戦4試合(11回で防御率4.09)はそこそこの投球を見せたが、ライバルとの激しい競争に勝ったわけでなく、押し出された形での一軍デビューだった。藤浪とは対照的に球は暴れないし、捕手からすればリードしやすいタイプ。矢野監督好みとも言えるのだが、いくら巨人が初モノに弱いといっても、レベルというものがあるわな」

 4連敗の阪神は5日から敵地で広島3連戦。光が見えない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  3. 3

    未浄化下水広がる“肥溜めトライアスロン”に選手は戦々恐々

  4. 4

    兵庫・明石商監督に聞いた データ分析のチーム強化の労苦

  5. 5

    舘ひろし氏「太平洋戦争はエリートが犯した失敗の宝庫」

  6. 6

    靖国参拝で改めて認識 進次郎氏の軽薄さとメディアの劣化

  7. 7

    北朝鮮ミサイル発射を傍観するトランプ大統領“本当の狙い”

  8. 8

    引きこもりだった大学生が「しょぼい喫茶店」を始めるまで

  9. 9

    セレブ子弟集まる青学初等部に残る“ボスママ戦争”の後遺症

  10. 10

    香取慎吾の出演を認めさせた 萩本欽一&ジャニー社長の絆

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る