矢野阪神は光見えず…G対策“初モノ右腕”浜地も沈没のワケ

公開日: 更新日:

 巨人は「初対戦の投手に弱い」といわれるが、この日は違った。

 阪神の先発は、高卒3年目の浜地真澄(20)。初回、立ち上がりからボールが高めに浮き、4番岡本に投げた外角スライダーで先制2ランを浴びると、亀井、ゲレーロの連打に足を絡めた攻撃で3点目を献上。四回は2死一、二塁から坂本勇にも外のスライダーを左中間スタンドに運ばれ9安打6失点で降板した。

「多少の緊張はあったが、自分の力を出し切ることができず、悔しさが残る登板でした」と言った浜地についてあるOBは、「やっぱりダメでしたね」と、こう続けた。

「浜地は初速と終速がほとんど変わらず、質のいい直球を投げるんだが、球速は140キロ台前半で絶対的な武器がない。そもそも先発に抜擢されたのも、秋山は右膝の手術明けで、才木、望月はオープン戦で不調。期待の大きかった竹安はFA西の人的補償でオリックスに移籍したという事情によるもの。確かにオープン戦4試合(11回で防御率4.09)はそこそこの投球を見せたが、ライバルとの激しい競争に勝ったわけでなく、押し出された形での一軍デビューだった。藤浪とは対照的に球は暴れないし、捕手からすればリードしやすいタイプ。矢野監督好みとも言えるのだが、いくら巨人が初モノに弱いといっても、レベルというものがあるわな」

 4連敗の阪神は5日から敵地で広島3連戦。光が見えない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

  2. 2

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  3. 3

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  4. 4

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  5. 5

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  6. 6

    先の大戦と酷似 デマと精神論が蔓延するコロナ禍ニッポン

  7. 7

    11点差の負け試合に野手登板 G原采配「最善策」の違和感

  8. 8

    裕次郎さんの自宅から遺跡が…本人と石原プロ社員の神対応

  9. 9

    ドラマで描かれないシーン 古関裕而は無類の愛煙家だった

  10. 10

    巨人の快進撃を支える「神走塁」 地味ながら凄い3人の正体

もっと見る