木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

公開日: 更新日:

 また不発だった。

 前日は乱打戦を制した阪神。この日(10日)は相手先発浜口の前に、わずか1安打の完封負けだった。

 打線が沈黙する中、4番のバットが火を噴けば試合の流れはガラリと変わるものだが、今の阪神にそれを求めるのは「八百屋で魚」だ。大山はここまで12球団の4番でただひとり本塁打がない。楽天の4番島内もホームランはないが、求められているのはつなぎ役。事実上の4番は次打者のウィーラー(4本塁打、14打点)だ。

 矢野監督は開幕からルーキーの木浪(ホンダ)と近本(大阪ガス)を1、2番で起用。新生阪神の目玉のひとつだった。オープン戦で12球団最多の22安打(同新人最多安打)を記録した木浪はしかし、開幕からサッパリ。矢野監督は5試合目でスタメンから外し、近本も9試合目からベンチに下げた。

 ところが、打率.214、3打点の大山については打順変更やスタメン外しは考えていないようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  2. 2

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  3. 3

    コロナ利用の自分ファースト “女帝”圧勝の内幕と今後<前>

  4. 4

    緊急寄稿・石井妙子 小池再選を生んだメディアの忖度気質

  5. 5

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  8. 7

    12時間以上粘り一八の話を聞き出すも…やっさんが顔に水を

  9. 8

    江角、滝クリ、国仲…“22歳差婚”武田真治の華麗なモテ遍歴

  10. 9

    渡部と東出の不倫で好機 田辺誠一&大塚寧々夫婦株が急騰

  11. 10

    ガッキー知人が悩み明かす「実年齢とのギャップに違和感」

もっと見る