新大関・貴景勝 “マジメ一筋”がゆえに囁かれる懸念材料

公開日: 更新日:

 3月場所で大関昇進を決めた貴景勝(22)といえば、マジメな性格で知られている。稽古にストイックなのは当然、「相撲は神事であり国技。感情を出さないのが粋」と、笑顔を見せることも少ない。まさに日本人好みの「古き良きお相撲さん」タイプだ。

 大関伝達式では「武士道精神を重んじ、相撲道に精進します」と口上を述べた貴景勝。しかし、その「大関」という地位がくせものだ。「受けて立つ横綱相撲」を求められる最高位ほどではないにせよ、相撲内容も要求される。貴景勝の性格上、全く気にしないということはないだろう。

 元大関琴欧洲、現鳴戸親方はかつて日刊ゲンダイの連載でこう話していた。

「相手が格下だと、思うように相撲が取れなかった。頭の中では『相手が誰々ならあの手もある、この手もあるぞ』と考えていたんですが、そこは大関ですからね。大関のつらさは、なってみて初めて分かった」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    手越祐也 人脈武器に快進撃…ジャニーズ事務所は戦々恐々

  4. 4

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  5. 5

    河井夫妻起訴の闇 特捜部1.5億円不問の裏切りで幕引きか

  6. 6

    手越祐也“辞めジャニ”に成功者なれる?赤西仁は10年の時間

  7. 7

    コロナ3カ月で抗体減 集団免疫とワクチンは“風前の灯火”か

  8. 8

    西村大臣の露骨な“庶民イジメ” 罰則付きでも休業補償なし

  9. 9

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

  10. 10

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

もっと見る