坂本勇もお気に入り G好調の裏にハイテク機器での打撃改革

公開日: 更新日:

「スイングで大事なのはスピードより軌道。選手は軌道を確認しています。後藤(打撃兼外野守備)コーチが熱心で、蓄積したデータを何とか現場で生かそうとしてくれています。監督が原さんに代わったからというより、データ分析室も2年目になり、一歩前に出てみたというのもあります」

 巨人は17年からトラックマンを導入。投球や打球の回転数、角度、飛距離などのデータを蓄積している。4年ぶりに復帰した原監督はこれに驚いたそうだ。15年までの前回政権時にはなかったもので、「球の軌道を示すデータやトラックマンは説得力がある」と興味津々なのだ。

 数年前までは貧打だった巨人が、ここまでのチーム打率.275はリーグトップ。同じく「ブラスト」を導入しているDeNAが同2位の.265なのは、偶然ではないかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  2. 2

    所属議員も鼻白む 自民党“ネトウヨ冊子”配布で参院選対策

  3. 3

    “バブリーダンス”伊原六花 「なつぞら」東京編の起爆剤に

  4. 4

    「嫌いな女」10位に広瀬すず “炎上発言”とゴリ押しアダか

  5. 5

    大戦中に恋に落ちて…元米軍兵士と仏女性が75年ぶりに再会

  6. 6

    フジ月9出演も決定 「なつぞら」母親対決は山口智子に軍配

  7. 7

    向こう見ずな首相のイラン訪問 取り返しのつかない大失敗

  8. 8

    レアル入りタイミング最悪…久保建英が南米DF陣に狙われる

  9. 9

    閉店コンビニを改装「1日1組限定」ミニ葬儀場がはやるワケ

  10. 10

    「チルドレン」存在と不祥事のデパート化の因縁

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る