“完全復活”巨人山口 開幕連勝の陰に原監督の言葉と夢封印

公開日: 更新日:

 巨人山口俊(31)が開幕2連勝を飾った。

 中日戦は昨季ノーヒットノーランを達成するなど、7試合に登板して3勝0敗、防御率1.80。相性の良さは今季も健在だった。

 9日の試合は7回を投げて6安打1失点。DeNAに在籍していた2016年8月から中日戦6連勝となった。

 2年前を思えば、見事な“復活”である。17年7月、酒に酔って病院で暴れ、男性警備員を負傷させたなどとして、8月から残りシーズンの出場停止処分を受けた。球団からはさらに総額1億円以上の罰金、減俸を科せられ、複数年契約の年数まで削られた。フロントに自主退団まで迫られていたと後に選手会が明かしている。そんな17年を乗り越え、昨季は9勝と復活を遂げていた。

 契約が切れた昨オフ、巨人と年俸2億3000万円の2年契約を結んだ。これには「葛藤」があったそうだ。さるチーム関係者がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    韓国人の予感が的中…誰も驚かなかった日本のコロナ拡大

  2. 2

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  3. 3

    安倍首相“吐血情報”で広がる健康不安説…国会拒否の理由か

  4. 4

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  5. 5

    GoTo足かせで宿泊施設増えず…コロナ隔離難民であふれ返る

  6. 6

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  7. 7

    加藤厚労相“指揮権放棄” コロナ禍から逃げまくり表に出ず

  8. 8

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  9. 9

    惜しむ声多数も…高岡蒼佑「俳優引退報告」なぜ今なのか?

  10. 10

    保坂展人・世田谷区長に聞く PCR検査を独自拡大する狙い

もっと見る