“完全復活”巨人山口 開幕連勝の陰に原監督の言葉と夢封印

公開日: 更新日:

 巨人の山口俊(31)が開幕2連勝を飾った。

 中日戦は昨季ノーヒットノーランを達成するなど、7試合に登板して3勝0敗、防御率1.80。相性の良さは今季も健在だった。

 9日の試合は7回を投げて6安打1失点。DeNAに在籍していた2016年8月から中日戦6連勝となった。

 2年前を思えば、見事な“復活”である。17年7月、酒に酔って病院で暴れ、男性警備員を負傷させたなどとして、8月から残りシーズンの出場停止処分を受けた。球団からはさらに総額1億円以上の罰金、減俸を科せられ、複数年契約の年数まで削られた。フロントに自主退団まで迫られていたと後に選手会が明かしている。そんな17年を乗り越え、昨季は9勝と復活を遂げていた。

 契約が切れた昨オフ、巨人と年俸2億3000万円の2年契約を結んだ。これには「葛藤」があったそうだ。さるチーム関係者がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  3. 3

    兵庫・明石商監督に聞いた データ分析のチーム強化の労苦

  4. 4

    未浄化下水広がる“肥溜めトライアスロン”に選手は戦々恐々

  5. 5

    舘ひろし氏「太平洋戦争はエリートが犯した失敗の宝庫」

  6. 6

    引きこもりだった大学生が「しょぼい喫茶店」を始めるまで

  7. 7

    靖国参拝で改めて認識 進次郎氏の軽薄さとメディアの劣化

  8. 8

    北朝鮮ミサイル発射を傍観するトランプ大統領“本当の狙い”

  9. 9

    セレブ子弟集まる青学初等部に残る“ボスママ戦争”の後遺症

  10. 10

    香取慎吾の出演を認めさせた 萩本欽一&ジャニー社長の絆

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る