パHR争いで独走レアード 古巣見返す衰え知らずの“爆発力”

公開日: 更新日:

 幕張の“スシボンバー”が炸裂した。

 16日、ロッテのレアード(31)がリーグトップを独走する8号満塁弾をバックスクリーン左に叩き込んだ。1点リードの三回という追加点が欲しい場面、ソフトバンク先発東浜からの一発だった。

 ベースを回る際に見せる、大好物の寿司を握るポーズもお馴染みとなった。お立ち台では「マクハリズシ(自身がプロデュースし、球場で販売されている寿司)、サイコー!」と叫び、打率.333、15打点と絶好調だ。

 日ハム時代は長打は多くとも、打率は低かった。来日1年目の2015年は34本、打率.231。ホームラン王に輝いた16年は39本、.263。ここ2年間は32、26本塁打でも、打率は2割3分前後で低迷していた。

「レアードはもともと、『パワーもあるが、三塁守備が抜群にうまい』という触れ込みで日ハムに入団した。昨オフに球団が契約を延長しなかったのは、打撃に加えて、肝心の守備が衰えてきたと判断されたからです。3億円(当時)という年俸もネックになった。ただ、移籍先でもここまで打つとは、日ハムも予想外だったのではないか」(球団OB)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  2. 2

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  3. 3

    相場低迷でウマ味 三菱UFJの配当金は普通預金利息の5000倍

  4. 4

    ロンブー淳が明かす「山本太郎に口説かれたこともある」

  5. 5

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  6. 6

    令和元年も渦巻く欲望…夏の甲子園“ネット裏怪情報”

  7. 7

    元ワンギャル須之内美帆子さんがマレーシアに移住したワケ

  8. 8

    加藤浩次「スッキリ」3月に自主降板か MC後任に山里亮太説

  9. 9

    文春砲で改名を余儀なくされた元・羽生ゆずれないさんは今

  10. 10

    主軸周辺で仕事きっちり G亀井アラフォー年俸1億円あるか

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る