パHR争いで独走レアード 古巣見返す衰え知らずの“爆発力”

公開日: 更新日:

 幕張の“スシボンバー”が炸裂した。

 16日、ロッテのレアード(31)がリーグトップを独走する8号満塁弾をバックスクリーン左に叩き込んだ。1点リードの三回という追加点が欲しい場面、ソフトバンク先発東浜からの一発だった。

 ベースを回る際に見せる、大好物の寿司を握るポーズもお馴染みとなった。お立ち台では「マクハリズシ(自身がプロデュースし、球場で販売されている寿司)、サイコー!」と叫び、打率.333、15打点と絶好調だ。

 日ハム時代は長打は多くとも、打率は低かった。来日1年目の2015年は34本、打率.231。ホームラン王に輝いた16年は39本、.263。ここ2年間は32、26本塁打でも、打率は2割3分前後で低迷していた。

「レアードはもともと、『パワーもあるが、三塁守備が抜群にうまい』という触れ込みで日ハムに入団した。昨オフに球団が契約を延長しなかったのは、打撃に加えて、肝心の守備が衰えてきたと判断されたからです。3億円(当時)という年俸もネックになった。ただ、移籍先でもここまで打つとは、日ハムも予想外だったのではないか」(球団OB)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    斎藤幸平氏 ウィズコロナで考える“資本主義ではない”社会

  2. 2

    8歳で来日したサヘル・ローズさん 母と日本で極貧の日々も

  3. 3

    つるの剛士Twitter「リスト」流出 ネットがザワついた中身

  4. 4

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  5. 5

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  6. 6

    もし万が一、照ノ富士2場所連続Vなら大関復帰させてやれよ

  7. 7

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  8. 8

    山口達也再逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  9. 9

    自民党総裁選で乱発 「共通の価値観」を唱和するお笑い

  10. 10

    巨人余剰戦力「ロッテ澤村に続け」とトレード志願が殺到中

もっと見る