ヤ神ともバント下手露呈し分け…セの野球はレベル低下深刻

公開日: 更新日:

 両軍とも勝てるチャンスはあった。延長十二回の引き分けに終わった17日のヤクルト―阪神戦。終盤はスタンドから何度もため息が漏れた。

 ヤクルトは2―2で迎えた九回裏、先頭の村上が内野安打で出塁。中村の犠打とジョンソンのワイルドピッチで1死三塁のチャンスをつくった。ここで九回表から守備に入っていた広岡がスリーバントスクイズを空振りしてダブルプレー。広岡はカーブにまったくタイミングが合っていなかった。カウントが追い込まれていたから、カーブが来ることは予想できたはずだ。

 ヤクルトは十回裏にも無死満塁からバレンティンが強引な打撃で併殺に終わり無得点。終盤の拙攻でサヨナラのチャンスを逃した。

 一方の阪神もバント下手なら負けてはいない。十回表に梅野が詰まりながら中前打で塁に出ると、こちらも暴投で二進。続く木浪は2球続けてバントを失敗し、スリーバントも空振りして三振に終わった。その後、代打の鳥谷は見逃し三振。鳥谷は十二回の2死二塁でも空振り三振に終わった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「一軒家」逆転で…「イッテQ!」に意外なリストラ候補が

  2. 2

    国分太一「ビビット」降板…TOKIOに囁かれる“空中分解説”

  3. 3

    大混戦必至の参院東京選挙区 有力美人候補4人は全員当選か

  4. 4

    ソフトBがメジャー1巡目指名19歳獲り 米有望株なぜ日本へ

  5. 5

    新天皇にもやるのか トランプ“ポンポン握手”に外務省恐々

  6. 6

    “マクロ経済スライド”で40代、50代の年金は今後どうなる

  7. 7

    理由は子どもだけか 磯野貴理子“2度目離婚”芸能記者の見方

  8. 8

    いまさら聞けない年金受給 59歳から始める満額もらう準備

  9. 9

    白血病新薬にケチ…命を費用対効果で語る麻生氏に批判殺到

  10. 10

    「嫌いな女」10位に広瀬すず “炎上発言”とゴリ押しアダか

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る