ヤ神ともバント下手露呈し分け…セの野球はレベル低下深刻

公開日: 更新日:

 両軍とも勝てるチャンスはあった。延長十二回の引き分けに終わった17日のヤクルト阪神戦。終盤はスタンドから何度もため息が漏れた。

 ヤクルトは2―2で迎えた九回裏、先頭の村上が内野安打で出塁。中村の犠打とジョンソンのワイルドピッチで1死三塁のチャンスをつくった。ここで九回表から守備に入っていた広岡がスリーバントスクイズを空振りしてダブルプレー。広岡はカーブにまったくタイミングが合っていなかった。カウントが追い込まれていたから、カーブが来ることは予想できたはずだ。

 ヤクルトは十回裏にも無死満塁からバレンティンが強引な打撃で併殺に終わり無得点。終盤の拙攻でサヨナラのチャンスを逃した。

 一方の阪神もバント下手なら負けてはいない。十回表に梅野が詰まりながら中前打で塁に出ると、こちらも暴投で二進。続く木浪は2球続けてバントを失敗し、スリーバントも空振りして三振に終わった。その後、代打の鳥谷は見逃し三振。鳥谷は十二回の2死二塁でも空振り三振に終わった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  2. 2

    手越祐也 人脈武器に快進撃…ジャニーズ事務所は戦々恐々

  3. 3

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  4. 4

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  5. 5

    手越祐也“辞めジャニ”に成功者なれる?赤西仁は10年の時間

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    コロナ3カ月で抗体減 集団免疫とワクチンは“風前の灯火”か

  8. 7

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

  9. 8

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  10. 9

    河井夫妻起訴の闇 特捜部1.5億円不問の裏切りで幕引きか

  11. 10

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

もっと見る