“掃きだめに鶴”阪神には西が 投打での活躍で2勝目救世主に

公開日: 更新日:

 阪神といえば貧打のイメージ。最下位に沈んだ昨年のチーム85本塁打はリーグワースト。今季もチーム本塁打8本はリーグワースト、打率.226は5位。相も変わらず打てないが、リーグ5位と振るわない現状で実は打線以上に精彩を欠いているのが投手陣だ。

 チーム防御率4.60はリーグワースト。1イニングで12点取られたあの広島(4.09)よりはるかにヒドい。

 中でも深刻なのが先発陣。中日から移籍したガルシアは勝ち星なしの防御率14.63。岩貞は5.28、秋山は6.00、浜地は13.50の体たらくだ(数字はいずれも14日現在)。

 さて、そんな阪神にあって、投げて打ってチームの連敗を4で止めたのがオリックスからFA移籍の西勇輝(28)だ。

 甲子園で行われた14日の中日戦に先発、7回2失点で2勝目(1敗)をマークした。完封した7日の広島戦に続く好投だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    飯島直子は自分のアソコに水着の上からポラで割れ目を…

  2. 2

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  3. 3

    安倍政権GW外遊ラッシュ 13閣僚“海外旅行”に血税5億の衝撃

  4. 4

    応援演説にブーイング 杉田水脈議員が「自ら招いた危険」

  5. 5

    池袋を暴走し母娘の命を奪った元通産官僚「記念館」の真偽

  6. 6

    立憲民主“三重苦”で…野党結集へ態度一変した枝野氏の焦り

  7. 7

    吉高「定時で」も視聴率上昇 TBS火曜22時ドラマに“仕掛け”

  8. 8

    写真誌に泥酔姿撮られた…米津玄師の「知られざる私生活」

  9. 9

    理事長は怒り心頭 横綱白鵬「三本締め」けん責処分の意味

  10. 10

    ジャパンライフに一斉捜査 安倍首相“広告塔”の動かぬ証拠

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る