“掃きだめに鶴”阪神には西が 投打での活躍で2勝目救世主に

公開日: 更新日:

 阪神といえば貧打のイメージ。最下位に沈んだ昨年のチーム85本塁打はリーグワースト。今季もチーム本塁打8本はリーグワースト、打率.226は5位。相も変わらず打てないが、リーグ5位と振るわない現状で実は打線以上に精彩を欠いているのが投手陣だ。

 チーム防御率4.60はリーグワースト。1イニングで12点取られたあの広島(4.09)よりはるかにヒドい。

 中でも深刻なのが先発陣。中日から移籍したガルシアは勝ち星なしの防御率14.63。岩貞は5.28、秋山は6.00、浜地は13.50の体たらくだ(数字はいずれも14日現在)。

 さて、そんな阪神にあって、投げて打ってチームの連敗を4で止めたのがオリックスからFA移籍の西勇輝(28)だ。

 甲子園で行われた14日の中日戦に先発、7回2失点で2勝目(1敗)をマークした。完封した7日の広島戦に続く好投だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    手越祐也 人脈武器に快進撃…ジャニーズ事務所は戦々恐々

  4. 4

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  5. 5

    手越祐也“辞めジャニ”に成功者なれる?赤西仁は10年の時間

  6. 6

    コロナ3カ月で抗体減 集団免疫とワクチンは“風前の灯火”か

  7. 7

    河井夫妻起訴の闇 特捜部1.5億円不問の裏切りで幕引きか

  8. 8

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

  9. 9

    西村大臣の露骨な“庶民イジメ” 罰則付きでも休業補償なし

  10. 10

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

もっと見る