パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

公開日: 更新日:

 阪神のもとに、パの複数球団からトレードオファーが届いている――。

 不振で二軍調整中の阪神・藤浪晋太郎(25)についてこんな情報が駆け巡ったのは、キャンプ中のことだった。さる阪神OBがこう言う。

「以前からパの複数球団が藤浪のトレード調査を進めている。楽天の石井一久GMは、キャンプ時に宜野座球場で阪神の球団幹部と会談、そこで先発投手のトレードを持ち掛けた。藤浪の話題も出たというのですが、そもそも阪神はトレード自体に乗り気ではなかったそうです」

 楽天はその後、開幕直前にDeNAとの間でトレードを行った。中継ぎ左腕の浜矢を放出し、先発型の熊原を獲得した。

「藤浪に関心を示しているのは楽天に限らない」とは、セ球団の関係者だ。

「同一リーグのセ球団同士はなかなか難しいですが、パの全球団が欲しがっていて、阪神に水面下で打診した球団もある。楽天は則本、岸の両エースが故障離脱中。二軍には目の病気から一軍復帰を目指すベテランの今江が余剰戦力になっており、投手を加えた複数トレードに発展しても不思議ではない。他にはロッテが昨オフ、涌井のトレードが急浮上したように交換要員はいる。藤浪を獲得する以上は、それなりの投手や野手が必要になる。ソフトバンク、日本ハム、西武、オリックスも、阪神がOKさえすればすぐに交渉のテーブルに着くでしょう。もっとも、当の阪神に藤浪を出す勇気はないでしょうが……」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    片山杜秀氏 日本は“束ねられる”ファシズム化が進んでいる

  2. 2

    人気定着だから見えてきた カーシェアの「残念な点」3つ

  3. 3

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

  4. 4

    “ヨン様そっくり”ぺよん潤 芸人仕事と兼ねる意外な副業

  5. 5

    巨人菅野の深刻一発病なぜ? 本人や相手打者ら8人に総直撃

  6. 6

    首位要因は丸だけ?当事者に聞いた原巨人と由伸時代の違い

  7. 7

    嫌われアナ1位に浮上 テレ朝・弘中綾香アナ“鋼のメンタル”

  8. 8

    トランプが千秋楽観戦で…正面マス席1000席確保の大困惑

  9. 9

    レオパレス21も標的 旧村上ファンド系が次に狙う会社は?

  10. 10

    日朝会談巡り急浮上「9月訪朝」「複数帰国」眉唾シナリオ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る