アマも参考になる 鈴木愛が明かす“ピン差しOK”のパット術

公開日: 更新日:

【パナソニックOPレディース】

 メリットはスピードアップだけじゃない。

 大会初日は鈴木愛(24)が1イーグル、5バーディーの7アンダー、65をマーク。女子のコースレコードを1打更新した。

 今季の鈴木のドライバー平均飛距離は232・35ヤード(42位)。飛ばし屋ではないが、平均パット数(7試合・21R=28・7619)はトップ。ツアー屈指のパット上手として知られている。

 今年からルール変更により、旗竿を立てたままのパッティングが可能に。鈴木はこれまでバーディーチャンスの時はピンを抜いていたそうだが、先週の最終日からカップに差したまま打つようになった。

 なぜか?

「ピンを差していないとカップ全体を見てしまうので、狙うポイントがボヤけるというか。真っすぐならいいけど、多少は曲がるラインの方が多いので、真ん中から入る方が入るときのイメージがボヤけない感じがするのでしっかり打てるのかなと思います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    木下優樹菜に仕事なくても給料払うと申し出た事務所の温情

  3. 3

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  4. 4

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  5. 5

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  6. 6

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  7. 7

    星野佳路氏 コロナと共生“マイクロツーリズム”で生き抜く

  8. 8

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

  9. 9

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  10. 10

    マック鈴木さん 手探りのマイナーからデビューまでを語る

もっと見る