ニクラスからウッズへ 世界のゴルフはどう変わってきたか

公開日: 更新日:

 平成の時代が終わる。元日本ゴルフツアー機構副会長であり、トーナメントプロデューサーとして日本男子ツアーの礎を築いた大西久光氏(82)に話を聞いた。

 日本が昭和だったころ、米ツアーでダントツに強かったプロがジャック・ニクラスでした。

 プロデビューは1962(昭和37)年。すでに頂点に君臨していたアーノルド・パーマーとライバルになり、試合で数多くのドラマを生み出し、“帝王”として米ツアー人気を牽引してきました。

 メジャー通算18勝、米PGAツアー通算73勝(歴代3位)という偉業を達成し、86(昭和61)年のマスターズで史上最年長の46歳で優勝するまで、約30年近くトップを走り続けました。

 そのジャックの後継者がタイガー・ウッズです。

 日本が平成になったばかりの1990年初頭に全米アマ3連覇の肩書を引っ提げて96年にプロ入り。ウッズは翌年のマスターズでメジャー初優勝。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

  4. 4

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  5. 5

    上沼恵美子は「そうそう」と笑顔の次の瞬間「黙っとれ!」

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    小池知事が安倍政権にケンカ売る「Go To」狙い撃ちの計算

  8. 7

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  9. 8

    懲りない黒木瞳 まさかの映画監督2作目で名誉挽回なるか

  10. 9

    元ヤン木下優樹菜の更生を“全方位”で支える藤本の献身ぶり

  11. 10

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

もっと見る