2位T発進の大西葵も“開眼” アームロック式パターの利点は

公開日: 更新日:

【バンテリン女子OP】

 大西葵(24)は首位の酒井美紀に1打差の4アンダー2位タイ発進に歓喜の声をあげた。

「(久々の60台のスコアは)うれしい。プライベートではメチャメチャ出るんですが、パターがイップって(イップス)いたから、アームロックにしたら手が動くようになりました」

 今季の大西は6試合に出場して予選落ち5回。昨年も13試合で決勝に進めたのはたった4試合だった。

 パターが“開眼”した今大会は上位争いが期待できそうだが、並木俊明プロは「イップス気味やパットに悩むアマチュアにもアームロック式のパッティングを試して欲しい」という。

「イップスの人は、アドレスでパターヘッドのソールをグリーンに押し付ける傾向がある。バックスイングでヘッドがグリーン面につっかかったり、スムーズに動かなければ感覚はおかしくなってくるものです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    片山杜秀氏 日本は“束ねられる”ファシズム化が進んでいる

  2. 2

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

  3. 3

    巨人菅野の深刻一発病なぜ? 本人や相手打者ら8人に総直撃

  4. 4

    人気定着だから見えてきた カーシェアの「残念な点」3つ

  5. 5

    シーズン中に異例の発表 G上原を引退に追い込んだ球威不足

  6. 6

    レオパレス21も標的 旧村上ファンド系が次に狙う会社は?

  7. 7

    “ヨン様そっくり”ぺよん潤 芸人仕事と兼ねる意外な副業

  8. 8

    嫌われアナ1位に浮上 テレ朝・弘中綾香アナ“鋼のメンタル”

  9. 9

    トランプが千秋楽観戦で…正面マス席1000席確保の大困惑

  10. 10

    首位要因は丸だけ?当事者に聞いた原巨人と由伸時代の違い

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る