20歳の渋野日向子ツアー初Vで加速「女子プロは命短し…」

公開日: 更新日:

【ワールドレディスサロンパス杯】

「こんなに早く勝てるとは思わなかった」

 昨年のプロテストに合格したルーキーの渋野日向子(20)が国内女子メジャーでツアー初優勝を遂げて3年シードを手にした。優勝賞金2400万円を加算して賞金ランク2位につけた。

 最終日は、初日から首位キープのペ・ソンウ(25=韓国)とマッチプレーの様相になったが、折り返して11番から手堅くパーセーブを続けて1打差でペを下した。

「久々に個性的なスイングを見た」と田原紘プロがこう解説する。

「渋野はアドレス時に両肘が自然にしぼられて、ボールがつかまりやすい構えです。しかし、そんな窮屈そうに見える腕のクセを生かして、ハンドダウン、オープンスタンスに構えて体のターンで素直なフェード系のボールを打っていた。それが左足下がりのライという終盤の16番と18番の2打目に生きて、勝利に導いたともいえます。個性的なスイングをいじらなければ競技生活も長続きするでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ジャニーズ退所を加速させた「演出家・錦織一清」の名声

  2. 2

    巨人V2でも嵐のオフ リストラ人員増、FA獲得に40億円捻出

  3. 3

    組閣から10日 身体検査できず新大臣3人にスキャンダル噴出

  4. 4

    「ふざけんなよ」と思いながら渋々従ったボビー監督の指令

  5. 5

    原監督はG史上最多の1067勝 なぜ他からオファーがない?

  6. 6

    山口達也容疑者の飲酒事故がTOKIO松岡の仕事に影を落とす

  7. 7

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  8. 8

    和田アキ子が冠番組で大ポカ…晩節汚し石田純一の二の舞に

  9. 9

    入れ墨は50歳になってからがいい?全身タトゥーで美を追求

  10. 10

    菅野と涌井にも異変 コロナで試合減も投手の肘は崩壊寸前

もっと見る