20歳の渋野日向子ツアー初Vで加速「女子プロは命短し…」

公開日: 更新日:

【ワールドレディスサロンパス杯】

「こんなに早く勝てるとは思わなかった」

 昨年のプロテストに合格したルーキーの渋野日向子(20)が国内女子メジャーでツアー初優勝を遂げて3年シードを手にした。優勝賞金2400万円を加算して賞金ランク2位につけた。

 最終日は、初日から首位キープのペ・ソンウ(25=韓国)とマッチプレーの様相になったが、折り返して11番から手堅くパーセーブを続けて1打差でペを下した。

「久々に個性的なスイングを見た」と田原紘プロがこう解説する。

「渋野はアドレス時に両肘が自然にしぼられて、ボールがつかまりやすい構えです。しかし、そんな窮屈そうに見える腕のクセを生かして、ハンドダウン、オープンスタンスに構えて体のターンで素直なフェード系のボールを打っていた。それが左足下がりのライという終盤の16番と18番の2打目に生きて、勝利に導いたともいえます。個性的なスイングをいじらなければ競技生活も長続きするでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事故現場の路上で開胸手術!心停止を救った医師に称賛の声

  2. 2

    安倍首相は真っ青「年金返せデモ」でよぎる“12年前の大敗”

  3. 3

    全米爆笑!バスに乗り遅れ学校サボった男の子の“弁明書”

  4. 4

    安倍政権が露骨スリ寄り 吉本興業と“ズブズブ”三文芝居

  5. 5

    自民が陥った参院選目前の“三重苦” 1人区に逆風で状況一変

  6. 6

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  7. 7

    巨人・小林「銀さんに全部負け」直撃取材に“弱気発言”連発

  8. 8

    日本人も加担 瀬取りの元祖は日朝諜報機関の“接触”だった

  9. 9

    「集団左遷!!」福山雅治さんに心配してもらった大人の部活

  10. 10

    低迷する「いきなり!ステーキ」 V字回復への起死回生策は

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る