イ・ボミから消えた思い切り…やはり気になるイップス症状

公開日: 更新日:

【ワールドレディースサロンパス杯】

 今大会はここ2年連続で韓国人プロが優勝し、初日は今季から日本ツアー参戦のペ・ソンウ(25)が68で回って単独首位。1打差2位タイに前年覇者の申ジエ(31)がつけるなど、今年も韓国人プロの強さが目立ったが、カヤの外だったのがイ・ボミ(30)だ。

 イン発進の前半は16番からの3連続を含む4ボギーとスコアを落としてターン。アウトで2つ取り戻して2オーバー50位タイにつけたが、フェアウエーキープは8ホールだけ。グリーン上では31パットとプレーに精彩を欠いた。

 かつては2年連続の賞金女王(2015年、16年)に輝く最強女子プロだった。ところが17年に賞金ランク23位に後退すると、18年は同83位。今季は7試合に出場してトップ10は一度もなく、予選落ち3回。平均ストローク73・45(ランク52位)、賞金ランク70位と低迷している。会場ではクラブを引きずってとぼとぼと歩くシーンがあり、体も一回り小さくなったように見える。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  2. 2

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  3. 3

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  4. 4

    竹内結子さん突然の訃報で「産後うつだったのか?」の声

  5. 5

    ジャニーズ退所を加速させた「演出家・錦織一清」の名声

  6. 6

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  7. 7

    志村けんさん25話ぶり登場 山田耕筰と山根銀二の戦犯論争

  8. 8

    辞め時は「64歳11カ月」少しでもおトクな退職法をおさらい

  9. 9

    芦田愛菜の八面六臂の活躍で実感…子役の果ては女高男低

  10. 10

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

もっと見る