女子大生アマ吉田優利が2位T Vなら夢の米ツアーに1歩前進

公開日: 更新日:

【ワールドレディースサロンパス杯】

 女子大生アマの優勝なるか。

 吉田優利(19)が68で回り、首位に1打差の通算5アンダーで2位タイにつけた。昨年、高校3年で日本女子アマと日本ジュニアに優勝した吉田は4月から日本ウェルネススポーツ大学の通信教育課程に進学。大学のゴルフ部に所属はしているものの、JGA(日本ゴルフ協会)ナショナルチームのメンバーとして国際大会に出場したり、プロのトーナメントにも参戦している。

 昭和の時代は男女ともゴルフ場の研修生となり、プロテストを受ける者が多かった。平成になると女子大生プロもチラホラ登場。3月のアクサレディスに優勝した河本結も日体大生だ。吉田も今秋のプロ入りを目指しているが、あるツアー関係者はこういう。

「吉田はプロ43人、アマ59人が参加した全米女子オープン(30日開幕)の日本予選会(36ホール)で、多くのプロを押しのけ2位で切符を得た。この日の会見でも語っていたように、将来は畑岡奈紗のように米ツアーに参戦したい。在籍している大学はバドミントン奥原希望が卒業するなど、通信教育で学ぶアスリートには理解がある。卒業と同時に米ツアーに参戦できるのが理想とはいえ、今はそこまでは言えないでしょう」

 アマで国内メジャー優勝なら2016年日本女子オープンVの畑岡以来2人目の快挙。実現すればデカいことも言えるようになるのだが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    斎藤幸平氏 ウィズコロナで考える“資本主義ではない”社会

  2. 2

    8歳で来日したサヘル・ローズさん 母と日本で極貧の日々も

  3. 3

    つるの剛士Twitter「リスト」流出 ネットがザワついた中身

  4. 4

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  5. 5

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  6. 6

    山下智久が来月にも活動再開…怪しくなってきた海外の仕事

  7. 7

    静かに確実に忍び寄る…「1999年 ITバブル崩壊」の再来

  8. 8

    バイきんぐ西村瑞樹さんが告白「サイテーな恋愛」の数々

  9. 9

    自民党総裁選で乱発 「共通の価値観」を唱和するお笑い

  10. 10

    芦名星さん謎だらけの突然死“遺作グラビア”現場では笑い声

もっと見る